Switch news

グリーンランドの氷が解けて浅い湖に…気象学者の写真に注目が集まる

グリーンランドの氷が解けて浅い湖に…気象学者の写真に注目が集まる
Twitter/Rasmus Tonboe

地球温暖化については諸説あるようだが、先日グリーンランドで撮影された写真が、人々にショックを与えている。

 

氷河の表面が解け出し、浅い湖のように

 

その写真を撮影したのは、デンマーク人気象学者のSteffen M. Olsenさんだ。

 

彼はグリーンランドにおいて、氷に埋め込まれた調査装置を回収する仕事を担っており、6月13日にいつものように犬ぞりで回収地点に向かったという。

 

そして北西部にあるInglefield湾を通ったところ、氷床(氷河)が解け出し、あたりが浅い湖のようになっている場面に遭遇したそうだ。

 

Olsenさんが撮影した写真は、その後仲間の科学者であるRasmus Tonboeさんによってツイッターでシェアされ、北極の氷の溶ける速さについての警告として、広まっていった。

 

昨年よりも47万平方キロ広い

 

氷雪圏の観測およびデータの管理・配信などを行う米国の研究機関「National Snow & Ice Data Center」のデータによれば、6月12日時点でグリーンランドの表面を覆っていた氷、約71万2000平方キロメートルがすでに解け始めているという。

 

これは2018年の同じ時期のデータより、47万平方キロメートル以上も広く、1981年から2010年にかけての中央平均値よりも、60万平方キロメートル広いそうだ。

 

しかもグリーンランドでは、40%以上の面積がたった1日で解けることを経験しており、その時に失われた氷の量は2ギガトン(20億トン)にも及ぶと見積もられている。

 

また2012年には数日でグリーンランドにある氷床の97%の表面が解けており、これまでの最高記録になっているのだが、2019年もこの数値に匹敵する可能性があるという。

 

National Snow & Ice Data Center

欧州北西部に強い嵐が起きる可能性

 

デンマークとグリーンランド地質調査所に所属する気象学者のJason Box教授は、次のように語っている。

 

「北大西洋に流れ込むこれらの解けた水は、海流のパターンをかき乱しています。私たちはその結果を完全に理解しているわけではありませんが、ヨーロッパ北西部により強い嵐をもたらす可能性があります」

 

またデンマーク気象研究所は先月、氷が解け出す時期が予想より1カ月以上早まっていると発表しており、この記録は1980年以来2番目に早いと言われている。(了)

 

 

出典元:euronews:The viral image that illustrates the scale of melting ice in Greenland(6/17)

Return Top