Switch news

World News Odyssey

Pickup

14歳少女の自殺が保守的な教会を動かした!初のプライド・イベントを開催

14歳少女の自殺が保守的な教会を動かした!初のプライド・イベントを開催
Facebook/St James & Emmanuel, Didsbury

自分にとってかけがえのない存在が、自分自身を受け入れてくれないかもしれないと考えるのは、とても恐ろしいものだ。かけがえのない存在は、家族であったり、友人であったり、信仰であったり、人によってさまざまだ。

 

そんな恐怖が、4年前にひとりの少女の命を奪った。

 

「教会に受け入れられないかもしれない」

 

英マンチェスターにあるSt.ジェームス教会に通うリジー・ロウさんには、ある悩みがあった。

 

14歳の彼女は、自分自身であるがために「教会に受け入れられないかもしれない」と考えていたのだ。彼女にとっての自分自身とは、クリスチャンであり、同性愛者であること。

 

そして彼女は、自分自身の命を絶つ決断をした。

 

彼女の死が教会を動かした

 

リジーの死後、St.ジェームス教会と姉妹教会であるエマニュエル教会は「セクシャリティや性別、人種、障害に関係なく、全員を受け入れます」と公表した。

 

Nick Bundock牧師は、「かつて私たちの見解は保守的でした。それを変えたのは10代の死です」と発言している。

 

初のプライド・イベントを開催

 

リジーさんの死から4年が経った2018年。教会はこの見解を広く知ってもらうために、プライド・イベントを開催することにした。

 

9月1日に教会で開かれたイベントは、地域の住民や子供たちが訪れる、アットホームなものだった。

 

批判はあるものの喜びの声が上がる

 

この変化を喜ぶ人だけではない。教会には「ゲイを受け入れるなんて地獄に落ちろ」などのメールが送られているという。

 

しかし、イベントを訪れたLGBT当事者からは「自分自身であることが受け入れられたと知って、うれしい」「ゲイであることは何も間違っていないと、クリスチャンから言われたのは初めてだったから驚いた」などの声が上がっていた。

 

リジーさんの両親も、「この変化がどこかの若者を救うかもしれない」とコメントしている。(了)

 

 

出典元:BBC「Didsbury church’s radical change after gay girl’s suicide」(9/23)
出典元:Pink News「Gay girl’s suicide prompts church to launch Pride event in radical change」(9/24)

Return Top