Switch news

ピックアップ

バスの運転手が1人で歩いていた1歳児を見つけ保護、とっさの判断が称賛される

バスの運転手が1人で歩いていた1歳児を見つけ保護、とっさの判断が称賛される
Facebook/Milwaukee County Transit System

アメリカでバスの女性運転手が、歩道を裸足で歩いている幼い子供を見つけ、すぐに保護したとして、その行動が讃えられている。

 

1人で歩道を行く1歳の女の子

 

その女性運転手とは、ウィスコンシン州の「Milwaukee County Transit System(MCTS)」に勤めているIrena Ivicさん。

 

彼女は昨年の12月22日、いつもと同じルートでバスを運転していたという。

 

しかしその後、反対側の歩道を、1歳くらいの幼い女の子が歩いているのを目撃。裸足でハイウェイの陸橋をさまよっていたそうだ。

 

Facebook/Milwaukee County Transit System

 

このためIvicさんはすぐにバスを降りて、道路を横断。女の子のところへ向かい、抱き上げた。

 

Facebook/Milwaukee County Transit System

 

女の子の体は冷たくなっており、泣いていたが、やがてIvicさんは彼女を抱えて、バスに戻り、すぐに警察などへ通報することに。

 

乗客がコートを貸してくれた

 

外は氷点下の気温で、女の子はワンジー(幼児用の上下一体型の服)しか着ていなかったが、やがて乗客の1人がIvicさんのもとへ近づいていくと、コートを脱ぎ、それで女の子を包んだという。

 

その後、警察と消防が現場に到着し、女の子は保護されることに。この時の一連の出来事はMCTSによって動画として公開された。それが下になる。

 

 

MCTSは声明で「女の子は無事だ」と発表。さらに「ここ数年で、バスの運転手により多くの子供たちが発見されており、今回で9件目になると」語ったそうだ。

 

こんな幼い女の子が道路に飛び出していたらと考えると恐ろしいが、素早い女性運転手の判断が功を奏したといえるだろう。(了)

 

 

出典元:ABC News:Wisconsin bus driver rescues lost infant from freeway overpass: ‘Oh my god, I’m shaking’(1/10)

Return Top