Switch news

15歳でシリアに渡りISIS戦闘員と結婚した女性、英への帰国を望み議論に

15歳でシリアに渡りISIS戦闘員と結婚した女性、英への帰国を望み議論に
Facebook/Give Me Hope, Bring Me Home

シリアにあるISISの最後の拠点が陥落寸前と報じられているが、現在イギリスではISISの戦闘員と結婚した女性の処遇について議論が起きている。

 

イギリスへの帰国を望む

 

その女性とは、Shamima Begumさん(19)。彼女は4年前、イースト・ロンドンからシリアに渡り、ISISのグループに入った3人の女性の1人とされている。

 

Begumさんは15歳の時にシリアへ渡り、その後戦闘員と結婚。しかし先々週難民キャンプで発見され、その後男の子を出産したという。

 

そして現在、イギリスに戻ることを希望しており、Sky Newsの取材に対して「人々は私が経験した全てのことについて、共感を覚えてくれるはずです」と述べた。

 

シリアへ渡ったことは間違いだった?

 

またシリアへ渡ったことは間違いだと思うか、との質問に対し、Begumさんは次のように答えている。

 

「ある意味、YESです。でも私は後悔していません。何故なら、人として私を変えたからです。私をより強くさせ、タフにさせました。私は結婚しました。私はイギリスに戻っても彼(夫)のような人を見つけるつもりはありません」

 

「私は子供を授かりました。そこ(シリア)では楽しい時を過ごしました。ただその後、生活が困難になっていきました。もはや私は我慢ができませんでした」

 

首を切り落とす処刑は知っていた

 

Begumさんの家族の弁護士であるMohammed Tasnime Akunjee氏は、ラジオ番組に出演し「家族はBegumさんが無事に出産し、元気でいることを知り、とても幸せそうで、喜んでいます」とコメント。

 

しかしBegumさんの2人の子供がシリアで病気により死亡したと伝え、家族は赤ん坊を非常に心配しており、彼女に家に戻ってきて欲しいと考えている、と語ったという。

 

またBegumさんはSky Newsのインタビューにおいて、シリアへ渡る前にISISが人の首を切り落とし処刑していることに気づいていたか、と尋ねられ、次のように答えている。

 

「それらのことについて、私は知っていました。それでも私には、問題ではありませんでした。なぜなら私はシリアへ旅立つ直前に、信仰心が深くなり始めていたからです」

 

「私が聞いた話では、イスラム的には、それ(首を切り落とすことなど)は全て許されています。旅立つ間に、私はインターネットであらゆるビデオを見ました。それは私を惹きつけるものでした。また多くの人々を惹きつけるようなものだったのです」

 

しかしロンドンで著名なイマムのAjmal Masroor氏は、Begumさんの言い分を否定。「神は反対のことを言っています。無実な1つの命を奪うことは、人間全体の命を奪うことと同じだと」と述べている

 

Begumさんは2週間前にシリア東部にあるISISの最後の拠点、Baghuzから逃走。彼女の夫、イスラム教へ改宗したオランダ人のYago Riedijkも、シリア軍兵士に降伏したとみられている。

 

「4年間、ずっと主婦だった」

 

Begumさんはインタビューで次のように語っている。

 

「私は4年間ずっと、単なる主婦でした。彼ら(他の人)も、私が危険なことをしていた証拠はもっていません」

 

また彼女はイギリスへの帰国を望む理由について、「赤ん坊のため」だと主張。「私は彼(赤ん坊)のために、(拠点)を離れました。彼により良い生活を送らせようとしたのです。彼と一緒にいるために最善を尽くすつもりです」と述べている。

 

また彼女は家族に対しても「私を国に戻すことをあきらめないでください。私は本当にここに留まりたくはないのです。国を離れて申し訳ありませんでした」と嘆願したという。

 

本国へ帰還させるか議論が続く

 

しかし彼女をイギリスへ戻すかどうかについては、現在も議論が続けられている。

 

国際法の下でイギリスは、他の国籍を要求していないイギリス人に対しては、帰国させざるを得ないという。

 

ただイギリスのSajid Javid内務大臣は、「ISに加わるために旅立ったイギリス人を戻すのを妨げることに、私は躊躇しない」とコメント。

 

一方、David Gauke司法長官は「私たちは人々を国籍のない状態に置くことはできない」とも述べたという。

 

また弁護士のMohammed Akunjeeは、「イギリスの法と正義の見地から、彼女はそれらに直面しなければならないだろう」とも語っている。

 

一方、アメリカのトランプ大統領は、イギリスやフランスなどヨーロッパの同盟国に対して、クルド軍によって捕らえられた800人以上のISIS戦闘員を自国へ連れて帰り、裁判を受けさせるよう要請。「ISのカリフ制国家は陥落しようとしている」と述べた。

 

しかしイギリス陸軍のトップを務めたLord Dannatt氏は、「ISが100%負かされたと信じるのは間違いだ」と主張。「イデオロギーや考え、背後にある支援は、現在も続いている」とし、Begumさんに対しても公正に扱うべきだと述べ、「わずかに慈悲を与えることが、他の人々の急進化を防ぐことになるかもしれない」とも語ったという。(了)

 

 

出典元:BBC:IS teenage bride Shamima Begum gives birth to boy(2/17)

出典元:Sky News:IS bride Shamima Begum tells Sky News: ‘A lot of people should have sympathy for me’(2/18)

Return Top