Switch news

知っておきたい世界のニュース

グレタさんとマララさんが初めて交流、オックスフォード大学で仲良く写真撮影

グレタさんとマララさんが初めて交流、オックスフォード大学で仲良く写真撮影
Twitter/Greta Thunberg

スウェーデンの環境活動家であるグレタ・トゥーンベリさん(17)と、最年少のノーベル平和賞受賞者であるマララ・ユスフザイさん(22)が、イギリスのオックスフォード大学で会い、その写真がネットで公開されている。

 

お互いに写真をSNSに投稿

 

2月22日、グレタさんはイギリスにあるオックスフォード大学のレディ・マーガレット・ホール(構成校)を訪れ、学生らと意見交換をしたという。

 

その後、彼女はノーベル平和賞を受賞したマララさんと初めて会い、写真を撮影。お互いに写真をSNSに投稿した。

 

マララさんはツイッターの投稿の中で「彼女は私が学校を休むことになった、唯一の友達です」とコメント。

 

 

グレタさんもツイッターにおいて「今日、私は模範とする人に会いました。他に何て言えるかしら(もう何も言えない!)」と感激を表した。

 

賞賛するコメントが多数寄せられる

 

もっとも2人が何を話したのは、明らかになっていない。

 

ただしレディ・マーガレット・ホールの校長であるAlan Rusbridgerさんによれば、グレタさんは学生たちに対し、科学や政治へ参加(投票行動)、抗議の限界や企業投資の撤収、「ネットゼロやリアルゼロ(注)」など多くのことについて話したという。

 

 

2人の投稿にはさまざまな賞賛するコメントが寄せられているが、ある人物は「2人のパワフルな若い女性、彼女らは正義や真実、全ての平等のために立ち上がった」と述べている。

 

またイギリスの朝の情報番組「Good Morning Britain」の司会者であるピアース・モーガンさんも「なんて写真だ…私の人生の中で最も影響力のある若い女性が、オックスフォードで会ったなんて」と感想を述べたという。

 

 

マララさんはパキスタン出身だが2012年に頭などを銃で撃たれ、回復した後にイギリスのバーミンガムに移住。現在はオックスフォード大学で、政治学や哲学、経済学などを学んでいるそうだ。(了)

 

 

注:ネットゼロとは、二酸化炭素の排出量を相殺してゼロとみなすこと、リアルゼロは相殺せず実質的に排出量をゼロにすること。

 

出典元:BBC:Greta Thunberg meets Malala at university(2/25)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top