Switch news

知っておきたい世界のニュース

イランの保健副大臣や国会議員も新型コロナに感染、拡大の理由とは?

イランの保健副大臣や国会議員も新型コロナに感染、拡大の理由とは?
Twitter/Abas Aslani

イランで保健副大臣と、1人の国会議員が新型コロナウイルスに感染していたことが分かり、衝撃が広がっている。

 

記者会見中に汗を拭い続ける

 

イランの保健相は2月24日、記者会見を開き、疑いを持たれていた新型コロナウイルスの感染拡大の規模について、情報を隠していることを否定した。

 

その記者会見にはIraj Harirchi副大臣も出席していたのだが、彼は記者たちの前で、何度も汗を拭い、体調が思わしくない様子を見せていた。

 

 

その後、Harirchi副大臣が、新型コロナウイルスに感染していることが判明。自らツイッターに動画を公開し、感染の事実を認め、「我々はコロナウイルスに打ち勝つだろう」と述べたそうだ。

 

 

またイランの国会議員であるMahmoud Sadeghi氏も、新型コロナウイルスに感染していることが明らかとなり、彼もツイッターの動画でその事実を認めたという。

 

イランで感染が広がった理由とは?

 

イランでは現在、感染者が95名、15人が死亡しているが、実際には多くの感染者がいると疑われており、世界保健機関(WHO)も中国以外の国で、特にイランで感染者が急増していることに深い懸念を示していたという。

 

というのもまずイランと中国は貿易面で強い繋がりがあり、また先日多くの感染者を出したイタリアとは異なり、イラン当局は隔離が時代遅れだとして、感染者の増大したエリアでも隔離や封鎖を行ってこなかったから、と言われている。

 

実際、Qom市はイランにおいて新型コロナウイルスの温床になっていると言われているが、その街やMashhadにあるシーア派の寺院は今でも人々に開放されているそうだ。

 

そしてQom市にはシーア派の指導者がおり、そこにある寺院はシーア派の誇りとされ、世界から数百万人の巡礼者が訪れており、多くの宗教を学ぶ外国の学生が通う神学校もあるとされている。

 

このため施設を閉鎖することは宗教指導者にとっても大きな決断を迫られることなり、現在保守的な宗教観と科学との間での明確な対立が見られているとか。

 

また感染が拡大した原因は、イランにおいて必要な医療機器が不足しているからとも言われている。(了)

 

 

出典元:BBC:Coronavirus: Iran’s deputy health minister tests positive as outbreak worsens(2/25)

Return Top