Switch news

知っておきたい世界のニュース

米国防総省が3つの極秘映像を公開、未確認飛行物体が回転する姿も鮮明に映る

米国防総省が3つの極秘映像を公開、未確認飛行物体が回転する姿も鮮明に映る
U.S. Navy

アメリカの国防総省は4月27日、これまで極秘とされてきた未確認飛行物体の3つの映像を公開した。(すでにメディアにおいては公開されている)

 

2004年と2015年に撮影

 

国防総省のスポークスマンであるSue Gough氏によれば、今回新たに公開された動画の1つは2004年に撮影されたもので、残りの2つは2015年の1月に記録されたものだという。

 

2004年の動画は太平洋上で撮影され、当時通常訓練を行っていた海軍の2機の戦闘機のパイロットが、未確認の飛行物体を調査するために派遣された時のものとされている。

 

この飛行物体は当時、米海軍の艦艇が数週間に渡って追跡を行っており、その後派遣された海軍の航空機が、海面から50フィート(15m)付近をホバリングしている、長さ約40フィート(約12m)の楕円形をした飛行物体を発見。戦闘機が接近していくと、急上昇しはじめ、飛び去っていったという。

 

これと同じような動画は2007年と2017年にもメディアによって公開されている。その映像はニューヨークタイムズ紙などが最初に伝えたものだが、今回国防総省が公開することで、正式なものであることを再び認める形となった。

 

「回転しているぞ」

 

2015年に撮影された2つの動画には、未確認飛行物体が空中を素早いスピードで移動していく様子が映っていた。

 

そのうちの1つの動画では、飛行物体が回転を始めている。実際動画にもパイロットが「彼らは風に逆らって移動している。(略)おい、奴を見ろ!回転しているぞ」という声も録音されていた。

 

もう1つの動画には、飛行物体が海の上を早い速度で移動する様子が映っている。

 

過去にはパイロットも証言

 

2015年にこの物体を目撃した5人のパイロットは、2017年のTimes誌の取材に対して次のように語っている。

 

「東海岸のバージニア州とフロリダ州の間で行われた2014年と2015年の演習の時、私たちは未確認飛行物体に対し、数回にわたり干渉しました」

 

国防総省のGough氏は今回、動画を公表したことについて、次のように述べている。

 

「国防総省は、出回っている動画が本物かどうか、または他に(隠している)動画があるのではないかについて、一般の人々の誤解を解くために公開しました。その動画の中で観測された空中での現象は、いまだに特定されないものとして位置づけられています」

 

この映像が撮影された後、米海軍はパイロットが未確認の飛行物体を目撃した場合の報告手順を定めた公式ガイドラインを制定したという。(了)

 

 

出典元:CBS:Pentagon formally releases 3 Navy videos showing “unidentified aerial phenomena”(4/27)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top