Switch news

知っておきたい世界のニュース

ドイツのカフェが客に棒状の帽子を配布、距離を保つ取り組みがユニークすぎる

ドイツのカフェが客に棒状の帽子を配布、距離を保つ取り組みがユニークすぎる
Facebook/Cafe & Konditorei Rothe

店を再開させたドイツのカフェで、ソーシャル・ディスタンスを守るために、ユニークな取り組みが行われている。

 

お互いに2m離れて座るため

 

そのカフェとは、Schwerinの街にある「Cafe & Konditorei Rothe」だ。

 

ここでは客にソーシャル・ディスタンスを守ってもらうため、頭に棒状のユニークな帽子をかぶるよう求めているという。

 

これにより客同士は、お互いに2m離れて過ごすことができるそうだ。

 

その後、店側は自らのフェイスブック・ページに、その様子を投稿。そこには頭にプール(スイム)ヌードルをつけた客らが、コーヒーやケーキ、ワインを楽しむ様子が映っていた。

 

Heute mal so ,, Abstandsnachvermessung“

Cafe & Konditorei Rotheさんの投稿 2020年5月9日土曜日

ネットでは賛否両論の意見

 

その後、この投稿はネットでも注目を集めることに。このカフェの写真をツイートしたジャーナリストのKaty Leeさんは「オーマイ・ゴッド!これは驚き。ドイツのカフェが、ソーシャル・ディスタンスをさせるため、スイミング用のプールヌードルを人々に付けさせている」とコメントした。

 

 

また他にも「僕はこれが公共交通での、ソーシャル・ディスタンスをする答えになると思うよ」や「僕はAsda(スーパー)で身に付けるために、この1つが必要だ」といった意見も寄せられた。

 

その一方で「それで、他の人が触れて、調整した同じ帽子を使うの?いいアイディアというより、宣伝行為みたいなものね」といったコメントもあったという。

 

なんともユニークなアイディアだが、この帽子を付けるには少し勇気が必要かもしれない。(了)

 

 

出典元:Mirror:Cafe customers must wear pool noodle hats to make sure they socially distance(5/15)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top