Switch news

知っておきたい世界のニュース

独の動物園で白いカンガルーの赤ちゃんが行方不明、誰かに盗まれたか?

独の動物園で白いカンガルーの赤ちゃんが行方不明、誰かに盗まれたか?
Stadt Kaiserslautern

ドイツで、全身が白いカンガルーの赤ちゃんが行方不明となり、人間によって盗まれた可能性も指摘されている。

 

全身が白いアルビノの赤ちゃん

 

そのカンガルーの赤ちゃんは、ラインラント=プファルツ州にある「カイザースラウテルン動物園」で数週間前に誕生したばかりだという。

 

この赤ちゃんの名前は「Mila」。アルビノで全身が白くなっており、動物園でも人気が高く、スターのような存在だったとか。

 

しかし8月19日、飼育員が檻の中をのぞいたところ、「Mila」がいなくなっていることに気づく。

 

Stadt Kaiserslautern

「痕跡もなく姿を消してしまった」

 

その後、動物園は閉められ、スタッフなどが「Mila」を探し続けた。しかし結局見つからず、動物園側は「小さなスターが、痕跡もなく姿を消してしまった」との声明を発表した。

 

動物園のMattias Schmitt氏によれば、「Mila」はめったに母親から遠く離れてさまようことはないという。

 

また「Mila」の捜索には、犬を伴ったハンターも参加。しかし今までのところ、カンガルーの赤ちゃんを見つけることはできていない。

 

ただ血の痕跡がないことから、キツネなどに襲われて殺されたわけではないようだ。

 

このため動物園側は、「Mila」が誰かに盗まれたのではないかと考え、事件として警察に通報したという。

 

警察は現在、情報提供などを呼びかけているが、まだ現段階で「Mila」が盗まれたと断定することはできない、とも語っている。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Weeks-old albino kangaroo is feared stolen after going missing from her cage at a German zoo where she was a star attraction(8/21)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top