Switch news

知っておきたい世界のニュース

「軽視した代償…」中国国営メディアの編集長がトランプ氏についてコメント

「軽視した代償…」中国国営メディアの編集長がトランプ氏についてコメント
Twitter/Hu Xijin

先日、アメリカのトランプ大統領(74)とメラニア夫人が新型コロナに感染したと伝えられたが、これを受け、中国国営メディアの編集長がツイッターでコメントをした。

 

「代償を払うことになった」

 

その人物とは、中国の国営メディア「Global Times」の編集長を務めるHu Xijin(胡锡进)氏だ。

 

米メディアの「Business Insider」によれば、Hu氏は以前からトランプ大統領に批判的な人物だったという。

 

特に新型コロナのパンデミックが世界中に広がり、また中国とアメリカとの関係が障害にぶつかった頃から、大統領に対し批判を繰り返してきたそうだ。

 

そんなHu氏は、トランプ大統領の新型コロナ感染を受けて、次のようにツイートした。(現在そのツイートは消去されている)

 

「トランプ大統領とファーストレーディーは、COVID-19を軽視したギャンブルの代償を支払うことになった。このニュースは、アメリカのパンデミックの深刻さを示している。このことは、トランプ氏やアメリカにネガティブなイメージを示すことになるだろう。また彼の再選にもネガティブに影響するだろう」

 

トランプ氏の死を望む投稿も

 

またTwitter上では、トランプ大統領の死を望む投稿が大量に発生したという。

 

これを受け、Twitter社は同日、「誰に対するものであれ、相手の死や致命的な病気を望むツイートは許されず、削除される」とツイートした。

 

中国政府にコントロールされていると認定

 

「Global Times」は中国語と英語で記事を掲載しているタブロイド・メディアで、今年の6月、米国務省は「Global Times」を含む他の中国メディアも、中国政府によってコントロールされている「使節団」として指定したという。

 

そして国務省は、中国政府による(外国人)ジャーナリストへの長年にわたる脅迫と嫌がらせのために、アメリカにおいて中国メディアで働いているスタッフの数を制限したそうだ。

 

この措置に対抗し、中国政府は「ニューヨークタイムズ」や「ワシントン・ポスト」「ウォール・ストリート・ジャーナル」の記者たちの国内での活動を禁止した。(了)

 

 

出典元:NYPost:China’s state media outlet mocks Trump for contracting coronavirus(10/2)

出典元:MailOnline:China claims Donald Trump has ‘paid the price’ for his COVID-19 ‘gamble’ after the President and Melania both tested positive(10/2)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top