Switch news

知っておきたい世界のニュース

米大統領選挙、テレビとは異なる「リアル選挙マップ」で見えてくるものとは?

米大統領選挙、テレビとは異なる「リアル選挙マップ」で見えてくるものとは?
Karim Douieb

アメリカ大統領選挙の投票動向を示した動画がツイッターに投稿され、注目を集めている。

 

州や郡ごとに投票結果を示す

 

そもそもテレビなどで放映されている選挙マップでは、どの州で共和党と民主党の候補が選挙人を獲得したかを、赤や青で色分けしている。総取りなので、候補者が勝った州全体が、それぞれの党の色に染められていく。

 

そして前回(2016年)の大統領選挙の場合も、従来の選挙マップ(獲得選挙人を示した地図)ではアメリカの多くの広大な地域が赤く染まり、確かに共和党が圧倒的に優勢なように見えてしまう。

 

Karim Douieb

 

しかし実際はどうなのか?人口別の投票を視覚化すると、まったく異なる状況が得られることが示された。それがこちら。(赤は共和党、青は民主党。下のマップは2016年の大統領選挙のもの)

 

大都市部は民主党、地方は共和党

 

なぜ従来のマップでは赤い色が多く占められているのか?例えば下は、総投票数に基づいて、郡ごとに勝者の色の1つが割り当てられている。

 

Karim Douieb

 

今回の選挙もこれと似ており、共和党が優勢のように見えるが、実際は11月7日の時点で、バイデン氏の得票数が約7450万票、トランプ大統領が7030万票と言われている。

 

しかし実は、国の中西部など広大な地域では人口が少ない。このため人口別の投票マップを視覚化すると、前回の選挙でもまったく異なる状況であることが示された。

 

Karim Douieb

 

下は投票別に示されたマップ。

 

Karim Douieb

 

そしてこれらを観察すると、ある傾向が見えてくる。それは地方などでは赤の共和党支持が多いのに対し、大都市部では青の民主党支持が優勢だという点だ。

 

また白い部分は人が住んでいない場所で、青い都市部を囲むように赤い点が並んでいる。このリアルなマップを見ると、テレビで放映される選挙マップとも、ずいぶんと印象が異って見えてしまう。

 

これを作成したのは、データサイエンス企業Jetpack.AIのKarimDouiebさんだ。彼は投稿において、次のように述べている。

 

「私は(このようなマップを示した)最初の人間ではありません。また伝統的な選挙人の地図が、選挙結果の誤解を招く方法であることを指摘する、最後の人間にもならないでしょう」(了)

 

 

出典元:NYPost:Forget traditional election maps — this is what the US vote really looks like(11/7)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top