Switch news

ロシアで犯人が3人の男性を殺害、人肉を喰らっていたことが明らかに

ロシアで犯人が3人の男性を殺害、人肉を喰らっていたことが明らかに

ロシア北部で先日、犯人が人間の肉を喰らうというおぞましい事件が起き、複数のメディアが伝えている。

 

人骨がバックに入れられ川や湖で発見

 

犯人は51歳の男で、3人の男性の肉を食べ、また犬や猫、その他の動物も食べていたとされている。

 

男は犠牲者と親しくなり、酒を強いて飲ませ、犠牲者らが居眠りした時に刺し殺し、体を切断して食べていたという。

 

3人の男性の骨はバッグに入れられた状態で、アルハンゲリスクの町の近くにある湖や川で発見され、その後身元も特定された。

 

ロシア連邦警察である「調査委員会」では声明を発表し、現場検証を行っている際の容疑者の写真などを公開したそうだ。

 

2016年から2017年に起きた事件

 

犯人の男は精神的には問題ないとされ、過去に犯罪歴もあるが、「調査委員会」ではまだ名前を公開していない。

 

この殺人は2016年から2017年にかけて行われたと見られているが、犠牲者の近親者と連絡が取れなかったりしたため、「調査委員会」では身元の特定に時間がかかったと述べている。

 

また声明によれば、犯人の男が殺人以外にも、日常的に犬や猫、小動物、鳥などを捕獲して食べていたとし、それらの動物の骨がバッグの中の人骨に混じっていたという。

 

犠牲者の1人の男性は長い間、他の街に仕事を探しに出かけていると信じられていたが、犯人の男はその男性のアパートに移り住んでいたそうだ。

 

そして男性の両親には、留守の間に自分がアパートの世話をすることに息子さん(犠牲者の男性)が同意していたと説明していたと言われている。(了)

 

 

出典元:BBC:Russian ‘cannibal’ charged after human and animal remains found(10/29)

出典元:Mirror:‘Cannibal’ who murdered and ate three people ‘regularly ate cats, dogs and birds’(10/29)

Return Top