Switch news

知っておきたい世界のニュース

「モデルナ」の新型コロナ・ワクチン、承認後に全米各地で接種を開始

「モデルナ」の新型コロナ・ワクチン、承認後に全米各地で接種を開始
Twitter/Scott McDonnell

アメリカのバイオ医薬品企業「モデルナ」の新型コロナ・ワクチンが承認され、接種が始まった。

 

ボストンの病院でも接種開始

 

「モデルナ」の新型コロナ・ワクチンは12月18日に米食品医薬品局によって承認され、さまざまな場所で接種が始まったという。

 

マサチューセッツ州のボストンにある病院「East Boston Neighborhood Health Center」もそのうちの1つで、医療従事者から新型コロナ・ワクチンの接種が始められたそうだ。

 

この病院で最初に投与されたJaime Gallegos医師は、ワクチン接種の際に「これでもくらえ、COVID!」というメッセージを手に持っていた。

 

20日の朝には出荷される

 

承認後、12月20日の朝には、ミシシッピ州の街、オリーブ・ブランチにあるモデルナの施設からワクチンが出荷されたという。

 

やがてワクチンは、テネシー州のメンフィスにある「FedEx」の中継(ハブ)基地に運ばれ、そこから全米各地に届けられていくことになるそうだ。

 

「ファイザー」のワクチンはマイナス70度での保管が必要になるが、「モデルナ」のワクチンは通常の冷蔵庫でも1カ月間保存が可能とされている。

 

このためより簡単な「配布」が可能で、それがこのワクチンの強みとも言われている。

 

このワクチンは輸送時に、専用の保冷剤と温度モニターが備え付けられた、断熱クーラーボックスに詰められたという。

 

一方、EUでも「ファイザー」の新型コロナ・ワクチンの使用が承認され、12月27日から加盟27カ国内で順次接種が始まると言われている。(了)

 

出典元:ABC News:Moderna vaccinations begin in US(12/21)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top