Switch news

知っておきたい世界のニュース

インドの村で土地の区画整理中に財宝を発見、大量の金や銀の装飾品が出てきた!

インドの村で土地の区画整理中に財宝を発見、大量の金や銀の装飾品が出てきた!
Twitter/Sudhakar Udumula

インド南部の村で、土地の開発を行っていたところ、数多くの財宝が発見された。

 

作業中に金属製の容器を見つける

 

その財宝が見つかったのは4月8日、場所はテランガーナ州にあるPembarthi村とされている。

 

不動産業者はこの村を通る国道に隣接した、11エーカーの土地の区画作業を進めていたが、その時地面を平らにする機械が金属製の壺に当たったという。

 

そして壺を調べてみると、中から金や銀の装飾品、または宝石類などが出てきたそうだ。

 

金や銀の装飾品や宝石まで

 

この金属製の容器は銅製で、中には187.45グラムの金と1.727キログラムの銀の装飾品、6.5グラムのルビーなどが含まれていたという。

 

また20個以上の金のイヤリングや、51個の金のビーズ、11個の金のネックレス、鼻ピアス、アンクレットなども見つかったそうだ。その後も、まだ埋められているものがないか、掘り進められたとか。

 

持ち主やいつの時代か判明せず

 

NDTVはこれらの装飾品が、偶像を飾るために使用された可能性があると伝えているが、いまだに装飾品の持ち主や、所有されていた期間などは分かっていない。

 

地元の人々はこの装飾品が、過去に寺院にあった女神のものであると信じているという。

 

この地区の担当者は、1878年のインドの宝庫法に基づいて、装飾品はワランガル都市地区の財務省に保管されると述べており、もし装飾品が100年以上も経過していれば、それらは政府のものになるという。(了)

 

出典元:NDTV:Telangana Realtor Strikes Gold, Finds Antique Ornaments In Pot(4/10)

出典元:INDEPENDENT:Indian man finds gold ornaments and antiques while digging plot of land for housing development(4/9)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top