Switch news

知っておきたい世界のニュース

【新型コロナ】英でデルタ・プラスが徐々に拡大、陽性者の10%が感染

【新型コロナ】英でデルタ・プラスが徐々に拡大、陽性者の10%が感染
flickr_NIAID

イギリスでは、新型コロナウイルスの変異株「デルタ・プラス」による感染者が、徐々に増えているという。

 

イングランドで10万人を検査

 

「デルタ・プラス」と呼ばれる変異株「AY.4.2」は、以前からより感染が広がりやすいと言われてきた。

 

「Imperial’s School of Public Health」の研究「REACT-1」では、10月19日から11月5日までの間、イングランドに居住する10万人に鼻腔検体採取を行ったという。

 

被験者の多くはワクチンを接種していたが、検査の結果、陽性と判定された人のうち、約12%が「AY.4.2」に感染していたそうだ。

 

従来の症状が出にくい

 

「AY.4.2」はイギリスの健康安全保障庁によって、10月20日に「調査中の変異株」として指定された。

 

また「AY.4.2」にかかった場合、通常の症状、例えば嗅覚・味覚の喪失や、熱や断続的な咳の症状などは現れにくいと言われている。

 

このため気づいていない感染者から、ワクチンを接種した人にさえも、よりうつりやすくなるという。

 

10月をピークに新規感染者も減少

 

イギリスでは現在も1日におよそ3万人から4万人の新規感染者が出ているが、それでも10月をピークに、徐々に減っている。

 

また死亡者や入院患者もかなり少ない状態が続いているが、専門家は、子供たちが学校へ通い始めた今、再び感染率が上昇する可能性があると警告している。

 

そして政府も、「困難な冬」になる可能性があると、注意を呼び掛けているそうだ。(了)

 

出典元:METRO:More infectious ‘Delta-plus’ variant responsible for 10% of Covid cases(11/18)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top