Switch news

知っておきたい世界のニュース

顔にマオリ族の入れ墨をした女性キャスター、ゴールデンタイムのニュース番組に抜擢

顔にマオリ族の入れ墨をした女性キャスター、ゴールデンタイムのニュース番組に抜擢
Instagram/oriinz

ニュージーランドで、ゴールデンタイムのニュース番組に、顔に入れ墨をした女性キャスターが登場した。

 

6時のニュース番組でアンカー

 

その女性キャスターとは、Oriini Kaiparaさん(37)。彼女はマオリ族の出身で、入れ墨を顎に入れているという。

 

そして12月27日、夕方6時から放送された「Newshub」のニュース番組で、いつもの司会者Sam Hayesさん(現在産休中)とMike McRobertsさんに代わり、Kaiparaさんがアンカーを務めたそうだ。(彼女は25日にもこの番組に出演し、ニュースを読み上げている)

 

顔に入れ墨を持つニュースキャスターがゴールデンタイムのニュースを担当するのは初めてで、新たな歴史を刻んだと考えられている。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Oriini Kaipara(@oriinz)がシェアした投稿

スポンサーリンク

2019年にも番組に出演、注目を集める

 

Kaiparaさんによれば、2017年にDNA検査で自分が100%マオリ族であることが判明した後に、顎に入れ墨を入れたという。

 

この入れ墨は「モコ・カウエ」と呼ばれ、マオリ族の女性たちが身に着ける神聖なものとされている。

 

そしてKaiparaさんは2019年にも、TVNZ(テレビジョン・ニュージーランド)の正午の放送でキャスターとして務めを果たし、その時も注目を集めたそうだ。

 

スポンサーリンク

「誇りに思います」

 

しかし今回、初めてゴールデンタイムのニュース番組のアンカーになり、Kaiparaさんも次のように語っている。

 

「本当にエキサイティングです。本当に楽しんでいます。言葉を失うほどではないけれど、ざわざわしています。今、午後6時のアンカーができるまでになったことを誇りに思います。モコ・カウエを持っている、いないに関わらず、これはマオリとして、また有色人種としても、新たな地平を切り開くことになるのです」

 

Kaiparaさんは午後4時30分からのニュースのキャスターを務めることが決まっているが、ネットでは彼女に称賛が送られ、6時のニュースに登場し続けることも望まれているという。(了)

 

出典元:INDEPENDENT:Woman becomes first person ever with Māori face tattoo to present news(12/28)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top