Switch news

知っておきたい世界のニュース

ウクライナのオデッサで動物園を再開、ロシア軍の侵攻以来初めて

ウクライナのオデッサで動物園を再開、ロシア軍の侵攻以来初めて
Twitter/Слава Україні

ウクライナ南部にある都市・オデッサで動物園が再開され、多くの人々が訪れたという。

 

日常生活を取り戻そうとしている

 

ロシア軍は、オデッサから北東85マイル(約136km)にある街、ミコライフに停滞しており、この港町ではここ数週間、ロシア軍の砲撃から免れているという。

 

これによりオデッサでは、人々が日常生活を取り戻そうとしており、商店は再開され、人々は街に繰り出しているそうだ。

 

そして3月26日には、オデッサにある動物園が、ロシア軍侵攻以来、初めて再開された。

 

Twitter/Oriannalyla
Twitter/Oriannalyla
スポンサーリンク

家族連れが集まり、長蛇の列

 

再び開園したことで、動物園には多くの家族連れが集まり、動物たちを見ようと長い列が作られたという。

 

無論、ウクライナが戦時下であることは変わらず、隣の都市はロシア軍の砲撃が繰り返されている。

 

しかしオデッサの子供たちは、ほんの数時間だけ、トラやゾウを見学し、ヤギに餌をやることができたそうだ。

 

Twitter/Слава Україні
Twitter/Слава Україні
Twitter/Слава Україні
スポンサーリンク

避難中に残されたペットも収容

 

CBS Newsによると、実はこの動物園には、ロシア軍の侵攻初期、街の住民が逃げ出した際に取り残された約400匹のペットも収容されているという。

 

 

また動物園が閉鎖されている間、世界中の人々がチケットをオンラインで購入し、動物の餌や従業員の給与のための資金を確保してくれたそうだ。

 

またミコライフの閉鎖された動物園でも、同様のチケット購入キャンペーンが行われており、4000頭以上の動物が飼育されているという。

 

しかしミコライフの動物園には、侵略開始以来、ロシア軍のミサイルが何発も施設を直撃しているそうだ。(了)

 

出典元:NYPost:Odessa Zoo in Ukraine opens to visitors for first time since Russian invasion(3/26)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top