Switch news

知っておきたい世界のニュース

アメリカの感染対策を主導し、4回接種済みのファウチ博士がコロナ感染

アメリカの感染対策を主導し、4回接種済みのファウチ博士がコロナ感染
Wikimedia Commons

米政権の医療顧問トップとして、新型コロナウイルス対策を主導してきたアンソニー・ファウチ博士(81才)が、新型コロナウイルスに感染した。

 

追加接種を含め4回接種済みだった

 

アメリカ国立衛生研究所は今月15日、ファウチ氏が新型コロナウイルスの抗原検査で陽性となったことを発表した

 

現在のところ症状は軽く、自宅からリモートで仕事を続けているそう。また、バイデン大統領や政府の重要人物と最近接触したことはないという。

 

ファウチ氏は、アメリカで最も早くワクチン接種を受けた一人だ。2020年12月にメリーランド州のアメリカ国立衛生研究所で、モデルナ製ワクチンの接種を受けた際、次のように話していた。

 

「私は、このワクチンの安全性と効果をとても信頼できると感じている。このワクチンはアメリカを覆って防御するベールとなり、今回のパンデミックを終わらせるだろう」

 

ファウチ氏は2回のワクチン接種後、さらに2回の追加接種を受けていた。

 

スポンサーリンク

政府要人の感染が続いている

 

海外メディアによれば、最近、ファウチ氏を含めた米政府要人の新型コロナ感染が続いている。今週始めには合衆国保健福祉長官のハビエル・ベセラ氏が2度目の新型コロナに感染した。4週間ほど前にも感染したばかりだった。

 

また、カマラ・ハリス副大統領、メリック・ガーランド司法長官、ジーナ・レモンド商務長官、スーザン・ライス外交政策顧問らも感染している。

 

ファウチ氏は、今年4月初旬に、2年ぶりに開催されたワシントンの大規模なパーティー「Gridiron Dinner」に出席した。630人が出席したこのパーティーは70人の新型コロナ感染者を出すスーパースプレッダー・イベントとなったが、ファウチ氏は感染を免れた。

 

同月に開かれたホワイトハウス記者会主催の夕食会にもファウチ氏は招待されていたが、感染の可能性を考えて出席を辞退したとのこと。

 

今回のファウチ氏の感染経路については何も報道されていない。コロナ対策のリーダーとして十分気をつけていたに違いないだろうが、それでも感染してしまったとはショッキングだ。(了)

 

出典元:Metro:Dr Fauci, 81, tests positive for Covid(6/15)

出典元:New York Post:Quadruple-vaxxed Dr. Fauci tests positive for COVID-19(6/15)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top