Switch news

知っておきたい世界のニュース

「約束の一時金を支払え!」ロシア軍の訓練センターで動員兵らが抗議

「約束の一時金を支払え!」ロシア軍の訓練センターで動員兵らが抗議
Twitter/Dmitri

モスクワ南東部のチュヴァシ共和国から動員されたロシア兵らが、訓練センターで約束のお金を払うよう、軍に要求する動画が投稿されている。

 

入隊の際に支給されると言われた

 

その動画が撮影されたのは、ウリヤノフスク州にある訓練センターだという。

 

そこには約100人の動員兵がおり、女性の上官に向かって、約束されたお金を家族に払うよう要求していたという。

 

兵士らは入隊する際に、国から2、3日以内に30万ルーブル(約70万円)の一時金が国から支給されると言われたそうだ。

 

しかしその支払いが行われていないため、兵士らは戦闘を拒否。訓練センターで抗議を行い、その様子を撮影したという。

 

この時、1人の兵士は約束のお金が家族に届けられていないと主張。これを聞いた女性の上官は「そのような内容の法案が審議されたが、1回のヒアリングで取り下げられた」と述べたという。

 

 

また別の動画でも、夜に動員兵らが「一人はみんなのために、みんなは一人のために」と抗議の声を上げる様子が映っていた。

 

スポンサーリンク

兵士らが声明を発表

 

動員兵たちは、自ら「ロシア連邦の市民へ」というタイトルの声明を発表。それは人権擁護団体「Gulagu.net」や「the Angry Chuvashia」のテレグラムに投稿され、次のように述べられていた。(金額については異なっている)

 

「親愛なるロシア連邦の市民の皆さん!これはチュバシヤ共和国の動員された軍人による声明です。自らの危険を顧みず あなた方の安全と 平和な生活のために命を捧げています。国家は、プーチン大統領が約束した19万5千ルーブル(約47万円)の一時金の支払いを拒否しています。なぜ、家族を残して、この政府のために戦争をしなければならないのでしょうか?」

 

このような抗議活動は、その後国家警備隊などによって抑え込まれたと言われている。(了)

 

出典元:MailOnline:Footage shows 100 Russian recruits mutiny and refuse to be sent to Ukraine after learning £4,200 lump sum they were promised has NOT been paid to their families(11/2)

出典元:INSIDER:“They f*cked us over.” Mobilized soldiers in Chuvashia riot over non-payment. Footage(11/2)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top