Switch news

知っておきたい世界のニュース

イギリスで飼われていたゾウガメが逃走、自宅から1.6kmも離れた場所で発見

イギリスで飼われていたゾウガメが逃走、自宅から1.6kmも離れた場所で発見
Twitter/Ipswich Police

イギリスで飼育されていたゾウガメが家から逃げ出し、かなり離れた場所で発見された。

 

自宅から1.6kmの地点で発見

 

そのゾウガメの名前は「Titan」。イングランドの街、Suffolkの民家の庭で飼育されていたという。

 

その家の庭には高さ約90cmのフェンスが張り巡らされていたが、「Titan」はそこから脱走。

 

6月4日に、自宅から約1.6kmも離れた「Kesgrave」という町で発見され、保護された。

 

長さは1m、体重は60kgもある

 

「Titan」は「ケヅメリクガメ」と呼ばれる種類で、年齢は35歳。体の大きさ(直径)は約1m、体重は60kgもあるという。

 

警察はあまりにもカメが大きいため、ワゴン車を用意。それでも横にして座席部分に入れなければならなかったそうだ。

 

またツイッターにも2人の警官が重そうに「Titan」を抱える様子が投稿されている。

 

どうやって逃げたのか謎

 

その後、「Titan」は自宅へ戻されたが、飼い主は未だに、カメがどのようにして逃げたのか、分からないという。

 

飼い主のRichard AstonさんはBBCの取材に対して「フェンスが壊された痕跡もないんです。カメはそれを飛び越えることはできません。3フィート(約90cm)もあるんですから」と語っている。

 

このため冗談半分に、「テレポートで逃げたのかもしれない」と語っているそうだ。(了)

 

出典元:METRO:Runaway giant tortoise found one mile from home after escaping garden(6/8)

出典元:BBC:Giant Kesgrave tortoise Titan picked up by police(6/8)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top