Switch news

父親との思い出が詰まったiPhone、15カ月後に川底で発見され再び動き出す

父親との思い出が詰まったiPhone、15カ月後に川底で発見され再び動き出す
YouTube/nuggetnoggin

アメリカで川に沈んでいたiPhoneが発見され、再び動き出したとして注目を集めている。

 

父親との思い出が詰まったスマホ

 

そのiPhoneを失くしたのは、Erica Bennettさん。彼女は2018年の6月にサウスカロライナ州にある、 Edisto川へ落としてしまったという。

 

スマホ自体は買い替えることができるが、彼女のiPhoneには亡くなった父親の写真やテキストメッセージなどが含まれていたため、Ericaさんは永久に失くしてしまうことを恐れたそうだ。

 

またiPhoneは防水仕様のケースに入っていたため、すぐに彼女の夫であるJasonさんがしばらく探したが、結局見つからなかったとか。

 

シムカードから連絡先を発見する

 

それから約15カ月後、YouTubeの人気者であるMichael Bennettさんが、川に潜っていたところ、10フィート(約3m)下の川底で偶然iPhoneを発見。それはまだ防水のケースに入っていたという。

 

それを家に持ち帰り、プラグを差し込んで充電させたところ、なんと動き出したそうだ。

 

そもそもMichaelさんは、Ericaさんと友人関係にあったわけではない。そのため彼女の連絡先なども知らなかったが、その後スマホからシムカードを抜き出し、異なった携帯にそれを差し込んで操作したところ、ついにEricaさんと連絡をとることに成功した。

 

EricaさんはMichaelさんからスマホがまだ動くと聞き、びっくり。同時に父親の思い出を失わずに済み、彼にとても感謝したという。

 

実際に彼女のスマホには、父親とやり取りをしたメッセージなども残っており、写真とともに彼女にはかけがえのないものだったそうだ。

 

実はMichaelさんは以前からしばしば川などに潜っていたが、Ericaさんによいニュースを届けられて喜んでいるという。(了)

 

 

出展元:ABC News:Woman’s iPhone miraculously works after spending 15 months at bottom of river(9/25)

Return Top