Switch news

Nami Shoharaの記事一覧( 13 )
米国の赤ちゃんは他の先進国と比較し、死亡率が76%も高いという衝撃の事実が判明

米国の赤ちゃんは他の先進国と比較し、死亡率が76%も高いという衝撃の事実が判明

アメリカ人の新生児は他の先進国と比較し、一歳になる前に死亡する可能性が76%も高いということがわかり、波紋を広げている。 米国で亡くなる子どもは毎年2万人 今回の調査結果が公表されたのは米国の健康情報誌「Health Affairs」上において。調査では経済開発協力機構(OECD)に加盟する先進国1...
“流せ!”と言うだけで反応!米国の高性能トイレがすごい

“流せ!”と言うだけで反応!米国の高性能トイレがすごい

高性能のトイレといえば、暖房便座からウォシュレットといった多彩な機能が搭載された日本製のものが最も優れているとお考えの方も多いのではないだろうか。 しかし米国の水回り用品を手掛けるメーカー、Kohlerによってこのほど発表されたトイレはそんな日本製をも上回るとして注目を集めている。 “流せ!”と言う...
道路の真ん中に置かれた謎の球体…その正体とは

道路の真ん中に置かれた謎の球体…その正体とは

幅の広い道路上で車両が猛スピードで走行し、歩行者や自転車が危険を感じる…というのはよくある光景だ。 しかし歩行者らがそのような危険を感じることなく、安全に交差点を通過できるため編み出された策が斬新であるとして話題になっている。 その斬新な方法とは… アメリカ・ミズーリ州セントルイスでは、こ...
北朝鮮内部の実態が伺える写真の数々が公開され話題に

北朝鮮内部の実態が伺える写真の数々が公開され話題に

写真家Eric Lafforgueさんが北朝鮮で撮影した数々の写真が、インターネット上で公開され、話題を呼んでいる。 6回に及ぶ北朝鮮渡航により違法写真の数々を撮影 2008年から6回にもわたり北朝鮮へと渡航してきたというLafforgueさん。現地で撮影した写真の多くは違法であり、削除することを求...
東京23区内で成人を迎えた若者、8人に1人が外国人ということが明らかに

東京23区内で成人を迎えた若者、8人に1人が外国人ということが明らかに

8日の成人の日、東京都23区内で成人を迎えた大人の8人に1人以上が外国人であることが、The Japan Timesの調査により判明した。 東京23区内の新成人のうち外国人は13%にも 東京23区の区役所により提供された資料によると、区内に住む新成人の数は8万3764人。そのうち外国人の数は1万95...
不便な立地にあった障がい者用施設、その近くに新駅が開設されることに

不便な立地にあった障がい者用施設、その近くに新駅が開設されることに

アメリカ・アリゾナ州フェニックスにある身体障がい者専用のスポーツジムに、駅が併設されることが決定したとして、話題を呼んでいる。 駅から遠い障がい者のための施設 ワシントン通りに位置する「Ability360」は、あらゆる身体障がいを抱える人がラクロスやクライミングなどといったスポーツに参加することが...
マクロン大統領、蔓延するフェイクニュースに対抗する法律を検討

マクロン大統領、蔓延するフェイクニュースに対抗する法律を検討

フランス大統領のエマニュエル・マクロン氏は3日、インターネット上で蔓延する“フェイクニュース”を規制するための法律を制定する計画があると発表した。 法律によりフェイクニュースの撤回やアカウントの閉鎖も マクロン氏は新年のスピーチで「我々は民主主義を守るため、フェイクニュースに対する法的手段を制定する...
“白人の虐殺”を唱え解雇された大学教授、なぜか再就職に成功

“白人の虐殺”を唱え解雇された大学教授、なぜか再就職に成功

アメリカ・ペンシルバニア州のドレクセル大学元教授で、以前ツイッターに“白人の虐殺”を唱えて解雇となった男が再就職に成功し、話題となっている。 “クリスマスに望むのは白人の虐殺” ドレクセル大学元教授のGeorge Ciccariello-Maherは、2016年のクリスマス・イブにツイッター上で「ク...
ベルリンの「クラブ」に税金を投入することが検討され話題に

ベルリンの「クラブ」に税金を投入することが検討され話題に

ドイツのベルリンでは、若者などが集まる「クラブ」に税金を投入する議論が行われ、話題となっている。 税金投入はテクノ文化の貢献に対する最低限のこと この政策においては、100万ユーロ、日本円にして1億3400万円以上もの税金を投入することが検討されている。 ベルリンの緑の党議員であり、自らも...
ホームレスの男、フランスの空港で開いていたオフィスから4000万円を盗む

ホームレスの男、フランスの空港で開いていたオフィスから4000万円を盗む

15日、パリ=シャルル・ド・ゴール空港でホームレスの男が、鍵のかかっていなかった金庫から30万ユーロ(約4000万円)もの大金を盗んだとして、警察は男の行方を追っている。 犯人はごみ箱を漁っていたホームレス Le Parisien が伝えたところによると、現金を盗んだのはシャルル・ド・ゴール空港を寝...
世界でナイトライフに最適として選ばれたのは意外な都市…ちなみに東京は?

世界でナイトライフに最適として選ばれたのは意外な都市…ちなみに東京は?

ホステル予約サイト「HostelWorld」が選ぶ、ナイトライフを過ごすのに世界で最も適した都市に、意外な都市が選ばれている。 その意外な都市とは… その都市とはドイツのハンブルク。 順位付けにあたっては、世界の主要な41都市に住む4000人の人々が、その地で過ごすナイトライフに対して感じ...
幸せな時が悲劇に…ハネムーン中の女性を突然サメが襲撃、ケガを負わす

幸せな時が悲劇に…ハネムーン中の女性を突然サメが襲撃、ケガを負わす

ハネムーンで訪れた旅行先の海で、海水浴を楽しんでいた女性がサメに襲われる悲劇が起きた。 サメと泳ぐアトラクションに参加 米国サウスカロライナ州チャールストンに住む25歳の女性、Sarah Illigさんは夫、Evan Carrollさんと新婚旅行のためバハマの海を訪れていた。そこで Illigさんは...
ドバイで世界初となる「ラクダ専門病院」がオープン

ドバイで世界初となる「ラクダ専門病院」がオープン

ドバイで世界初となるラクダ専門の病院、「ドバイ・ラクダ病院」がオープンし話題を集めている。 病院建設費用は12億円以上 ドバイ・ラクダ病院の院長Mohamed Al Bulooshi氏によると、このような病院は世界で初めてだという。 病院建設にかかった費用は4000万ディルハム、日本円にし...
中国初のルーフトッパーが62階から転落死、危険な仕事をする理由とは?

中国初のルーフトッパーが62階から転落死、危険な仕事をする理由とは?

“中国初のルーフトッパー”としてインターネット上で知られていた男性が、62階建てのビルの最上階から転落、死亡した。 落下の瞬間を自ら設置したカメラが捉える 享年26歳のWu Yongningさんは湖南省の省都、長沙市にあるHuayuan International Centreへ上っていた際、ビルの...
一日12本もコーラを飲む!トランプ大統領の生活はどれほど不健康なのか

一日12本もコーラを飲む!トランプ大統領の生活はどれほど不健康なのか

The New York Timesがトランプ大統領の生活習慣を暴露し、その中で大統領が一日になんと12本ものダイエット・コカ・コーラを飲むということが明らかに。 それがどれほど不健康なのか、米英各紙が報じている。 人工甘味料は体重増加を促す? ダイエット飲料は、アスパルテームと呼ばれるも...
NASAとUber、“空飛ぶタクシー”の実現に向け契約交わす

NASAとUber、“空飛ぶタクシー”の実現に向け契約交わす

先月8日、自動車配車サイトを運営する米国企業Uber とNASAは、空飛ぶタクシーの実現に向けた新たな交通システムを構築するため、契約を締結した。 NASAによる要望で結ばれた契約 Uberは先月ポルトガルのリスボンで開催されたテクノロジーカンファレンス「ウェブ・サミット」の場において、“無人輸送管...
ドイツ政府機関、スパイ行為可能であるとしてスマートウォッチ破壊を指示

ドイツ政府機関、スパイ行為可能であるとしてスマートウォッチ破壊を指示

ドイツ政府機関が腕時計型スマート機器、いわゆる「スマートウォッチ」を持つ子供の親に対し、スマートウォッチを破壊することを奨励したとして話題になっている。 ドイツ政府機関、子供向けスマートウォッチに懸念を表明 今月17日、ドイツの通信会社を統括する「Federal Network Agency」は、5...
フィリピンのドゥテルテ大統領が衝撃告白“16歳の時に人を殺した”

フィリピンのドゥテルテ大統領が衝撃告白“16歳の時に人を殺した”

以前、フィリピンのドゥテルテ大統領が10代の頃殺人を犯したことを告白し、物議を醸していたのをご存じだろうか。 若かりし頃は刑務所を出入りしていたという大統領 アジア太平洋経済協力会議に先立ってベトナムのダナンで行われていた会議の場において、ドゥテルテ大統領は16歳のときに人を刺殺したことがあると告白...
テスラが新型「ロードスター」を発表、イーロン氏が空飛ぶ車も可能と示唆

テスラが新型「ロードスター」を発表、イーロン氏が空飛ぶ車も可能と示唆

今月19日、米国の自動車会社「テスラ」のCEOイーロン・マスク氏は、同社新作のロードスターについて“特別なアップグレード”があると言及。さらに将来、飛行できるものとなることを匂わせた。 2020年発売の新車は時速400キロ カリフォルニアで16日に開催されたイベントの場で、マスク氏本人により公開され...
まるで夢の街…世界初の水上に浮かぶ人工都市、2020年までにも完成か

まるで夢の街…世界初の水上に浮かぶ人工都市、2020年までにも完成か

水上に浮かぶ人工都市と聞くと、科学小説の中の話のように思えるが、そんな都市が2020年までに誕生しようとしている。 水上に浮遊する人口都市の構想を温める サンフランシスコの非営利組織である「Seasteading Institute」は、2008年の設立以来、水上に浮遊する人工都市の構想を温めてきた...
本物ならば総額37憶円!イタリア政府90万枚以上ものニセ札を押収

本物ならば総額37憶円!イタリア政府90万枚以上ものニセ札を押収

イタリア政府は今月13日、偽造紙幣を発行したとして13人の容疑者を逮捕、本物ならば総額37億円にも相当する90万枚以上にも及ぶ偽造紙幣を押収したと伝えた。 本物ならば37億円、逮捕者は13人の大捕物 「10ユーロ紙幣、20ユーロ紙幣、そして50ユーロ紙幣で合計93万9775枚、2800万ユーロ(約3...
ハンブルグのバー「ヨーコ・モノ」に本家がお冠、店名変更へ

ハンブルグのバー「ヨーコ・モノ」に本家がお冠、店名変更へ

今月17日、ドイツ・ハンブルグの地方裁判所はハンブルグのバー「ヨーコ・モノ」に店名を変更するよう求めた。 自身の名と酷似した店名に本人が動く ハンブルグのテレビ・ラジオ局である「NDR」によると、ハンブルグにあるバー、「ヨーコ・モノ」は19年前の開店以来、法的問題に問われることなく繁盛してきたという...
搭乗予定機逃したスイス人の男、別便のトイレに隠れて飛び立とうとするも逮捕

搭乗予定機逃したスイス人の男、別便のトイレに隠れて飛び立とうとするも逮捕

今月12日、ロンドン―ジュネーヴ間を運航したイギリスの航空会社「イージージェット」の便に男が無断で搭乗、トイレに立てこもったとして波紋を広げている。 満席にも関わらずトイレの“使用中”サインで異変に気付く スイスの日刊紙「20 Minutes」が15日に伝えたところによると、ロンドン・ガトウィック空...
5000もの超新星で初めて…爆発を経ても死なない「ゾンビ星」を発見か

5000もの超新星で初めて…爆発を経ても死なない「ゾンビ星」を発見か

天文学者による新たな研究により、50年以上の時をかけて複数回の爆発を繰り返す星が発見された。 寿命を迎えるはずが爆発後に輝きを増す 今回の研究発表は8日、イギリスの科学情報誌「Nature」に掲載された。 ローレンス・バークレー国立研究所の共同発表者で科学者のPeter Nugentは「今...
信じられないほど仲良し!親友を失くしたハスキー犬が選んだ次の友達はアヒルだった

信じられないほど仲良し!親友を失くしたハスキー犬が選んだ次の友達はアヒルだった

動物界においては異種同士が常に争っているわけではなく、時には哺乳類と鳥類のような異なる動物の間に友情が芽生えることもある。 今回の事例はそんな異なる種の動物が仲良く共存できるということを示す好例だ。 親友を失くした悲しみを埋めたアヒル 5歳の時、ハスキー犬のマックスは、ミネソタ州ストラウト...
ブリトニー・S、自筆の絵画を1万ドルでオークションに出品し話題に

ブリトニー・S、自筆の絵画を1万ドルでオークションに出品し話題に

アメリカの人気歌手、ブリトニー・スピアーズが水彩絵の具を用いて自ら描いた花の絵を、1万ドル(約110万円)でオークションに出品し話題となっている。 得られた金額は銃撃事件遺族に寄付 オークションによって得られた額は、10月1日にラスベガスで発生した銃撃事件の犠牲者遺族に寄付されるという。 ...
娘に教えられて撮影した“自撮り”があまりに愛らしいと、おじいちゃんが一躍有名に!

娘に教えられて撮影した“自撮り”があまりに愛らしいと、おじいちゃんが一躍有名に!

高齢者が最新技術を苦戦して使いこなす様は見ていて微笑ましいものだが、つい最近娘から“自撮り”の方法を教えてもらったという、オーストラリアのWalchaで牧羊を営む男性もそんな好例だ。 自撮り写真に犬と羊まで! 男性の写真はフェイスブック上の「Cool Dog Group」というページに投稿されたが、...
泥酔してレッドカーペットに登場?ジョニー・デップにまたもアルコール依存症疑惑が浮上

泥酔してレッドカーペットに登場?ジョニー・デップにまたもアルコール依存症疑惑が浮上

ハリウッドで最も愛される奇人とされるジョニー・デップに、またもアルコール依存症疑惑が浮上している。 レッドカーペットの場でまっすぐ立つのがやっと 今月2日、ジョニーは映画「オリエント急行殺人事件」のプロモーションのため、公の場に姿を現した。 昨今は素行を正し、控えめな態度に終始していたかの...
ドイツを震撼させた恐るべき事件、看護師が100人以上の患者を殺害か

ドイツを震撼させた恐るべき事件、看護師が100人以上の患者を殺害か

今月9日のドイツの検察の発表によると、これまでに2人を殺害したとされていたドイツ人看護師が100人以上の患者を殺害した可能性があるという。 増え続ける殺害された可能性のある死亡患者数 オルデンバーグの検察と警察によると、Niels Hoegel容疑者がオルデンバーグとデルメンホルストの病院で勤務して...
ドイツ軍による機密文書が驚きの将来予測「EUは2040年に崩壊」

ドイツ軍による機密文書が驚きの将来予測「EUは2040年に崩壊」

ドイツ連邦軍による機密文書において、EUが2040年までに崩壊する、との驚くべき予測が示されていることが明らかになった。 2040年までにEUは崩壊する ドイツ連邦軍によって書かれた機密文書は、ドイツで高い評価を得ている雑誌「Der Spiegel」によってリークされた。 「戦略的予測20...
テキサスの銃撃事件を受けトランプ大統領が持論「銃規制すればさらなる事態の悪化を招く」

テキサスの銃撃事件を受けトランプ大統領が持論「銃規制すればさらなる事態の悪化を招く」

トランプ大統領は今月5日テキサス州の教会で26人が犠牲となった銃乱射事件が発生した2日後の7日、コメントを発表。 銃に対する追加規制は問題をさらに悪化させかねないとの持論を示した。 記者からの銃規制提言を一蹴 韓国を歴訪していたトランプ大統領はテキサス州で発生した銃撃事件に関し、銃所持希望...
ピラミッド“世紀の大発見”を喜ぶ研究者らに考古学者が釘を刺す

ピラミッド“世紀の大発見”を喜ぶ研究者らに考古学者が釘を刺す

今月4日、エジプト・ギザの大ピラミッド内において、研究者らが空間を発見したことは日本でも大きく報道され、記憶に新しい。 しかし科学者らにより“世紀の大発見”とされた今回の発見については、研究チーム内部の考古学者の間から疑問の声が上がっている。 19世紀以来の“世紀の大発見”か 今回発見され...
日本人画家によって鉛筆で描かれた絵画が、リアルすぎると海外でも話題に

日本人画家によって鉛筆で描かれた絵画が、リアルすぎると海外でも話題に

22歳の日本人アーティスト、大森浩平さんによる紙と鉛筆のみによって描かれた作品が目を見張るほどリアルであると話題になっている。 1枚制作するのにかける時間は200時間 岡山県で活動する奇才、大森さんの作品は陰影や精緻な線、ぶれることなく安定した手つきによって描かれており、まるで紙から飛び出してきそう...
フィリピンのカトリック教会が、警察による麻薬所持者殺害に反対するキャンペーンを開始

フィリピンのカトリック教会が、警察による麻薬所持者殺害に反対するキャンペーンを開始

カトリック大司教は5日、フィリピンの国を分断している麻薬所持者の殺害など相次ぐ暴力行為について秩序回復を目指すよう求めた。 “国民の和解と殺害の終わり”がキャンペーンのテーマに フィリピンのカトリック司教協議会議長である大司教Socrates Villegasは、フィリピンにおいて“国民の和解と殺害...
Return Top