Switch news

World News Odyssey

Pickup

『スターウォーズ/最後のジェダイ』のプレミア上映、SNSでも高評価が多数

『スターウォーズ/最後のジェダイ』のプレミア上映、SNSでも高評価が多数
Twitter/スターウォーズ公式

(写真:スターウォーズ公式)

先週の土曜日、アメリカで『スターウォーズ/最後のジェダイ』のプレミア上映が行われ、多くのファンが鑑賞したという。

 

すでにネットに多くの賞賛の声

 

アメリカでプレミア上映が行われたのは12月9日の夜、場所はロサンゼルスにあるShrine Auditoriumとされている。

上映後のファンなどによる正式な評価は、12月12日の午後に発表される予定だったが、すでにSNS上では多くの意見が寄せられたという。

 

しかもその意見の多くは肯定的なもので、『最後のジェダイ』を賞賛する内容が多数投稿されたとか。

 

「信じられないほど素晴らしい!」

 

実際、ツイッターにもプレミア上映を見た人から、すでに賞賛する多くの意見が寄せられている。

 

「スターウォーズ:『最後のジェダイ』はこれまでとは異なり、とてもエキサイティングで、驚きに満ちている。感動的な場面が多くあり、びっくりするような出来事も多数。予告編は見ないほうがいい」

 

「『最後のジェダイ』は信じられないほど素晴らしい。中心になって活躍するキャラクターや、驚くようなアクション。そして待ち受けている、とても感動的な結末。僕はこれを何度も見ることになるだろう」

 

「『最後のジェダイ』はほんの少し長く感じ、少し中だるみしたけど、全体的にすごく面白かった」

 

「スターウォーズ:『最後のジェダイ』は大勝利を収めた。さまざまな大きな出来事があり、とても感動的で、内容が濃かった。客全体は賞賛し、叫んでいたよ」

 

「『最後のジェダイ』が全てだ。緊迫感、おかしさ、感動、興奮。そこには間違いなく、驚くような場面が詰め込まれている。僕はこれがとても、とても大好きだ。いまだに震えているよ」

 

エピソード9の後の3部作も担当

 

今回の『最後のジェダイ(エピソード8)』を監督したのは、ライアン・ジョンソン氏。彼は『Brick』や『Looper(ルーパー)』などを手がけてきた。

またジョンソン氏は、エピソード9の後に続く3部作の監督を務めることが決まっている。そしてすでに脚本にも着手しており、新たな3部作ではスカイウォーカー家から離れた、新たな物語を予定しているという。

 

この新たな3部作を任せられることになったのは、ディズニーによって『最後のジェダイ』が評価されたからという見方もあるようだ。

 

その点を考えると、評判通りの素晴らしい作品に仕上っているのかもしれない。『スターウォーズ/最後のジェダイ』は12月15日に公開。(了)

 

 

出典元:METRO:Yep, the Force is strong with Star Wars: The Last Jedi as first reviews drop after LA premiere(12/10)

Return Top