Switch news

ついに絵が動き出した!新海誠監督『天気の子』予告編が解禁

ついに絵が動き出した!新海誠監督『天気の子』予告編が解禁
YouTube/東宝MOVIEチャンネル

『君の名は。』から3年、新海誠監督の最新作となる劇場アニメ『天気の子』の予告編が公開された。

 

主題歌は「RADWIMPS」

 

4月10日、『天気の子』の本篇映像と主題歌の一つであるRADWIMPSの新曲を使用した予告篇が解禁となった。

 

解禁された予告篇は、新海監督が自ら編集したものとされ、空や雨など、美しく繊細に描かれた映像に、RADWIMPSの新曲「愛にできることはまだあるかい」の詩とメロディーが彩りを加えている。

 

これまでも主人公の森嶋帆高や、ヒロインの天野陽菜を映した場面カットなどは3月30日に公開されていたが、音楽と映像が組み合わさった予告編は今回が初めて。

 

不思議な能力を持つ少女と出会う

 

『天気の子』は天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を選択する物語。

 

高1の夏、離島から家出をし、東京にやってきた主人公・帆高は怪しげなオカルト雑誌のライター業についており、ある日、都会の片隅で不思議な能力を持つ少女、陽菜と出会う。

 

その能力とは、祈るだけで、空を晴れに出来る力だった。

 

 

予告編のアフレコは3月に行われ、2000人を超えるオーディションから選ばれた醍醐虎汰朗さん(帆高役)と森七菜さん(陽菜役)が担当した。

 

今回の予告編の公開について、ネットでも多くの人々からコメントが寄せられている。

 

「止まっていた絵が… とうとう動き出しました!」

「もうこの映像だけで泣きそうです。なんて美しいんですか。」

「鳥肌立った」

「繊細な雨の表現。差し込む光が神々しい」

「すごい」

「今年1番の衝撃!」

「RADWIMPSは最高!」

 

新海監督も、公式サイトにおいて「『愛にできることはまだあるかい』を受け取って、『これは作るべき映画になる』と強く思えました」と語っている。映画の公開は7月19日を予定。

 

「秒速5センチメートル」予告編

 

出典元:天気の子公式サイト

Return Top