Switch news

豪で行われたアマチュア・サッカーの試合、珍しいオウンゴールが撮影される

豪で行われたアマチュア・サッカーの試合、珍しいオウンゴールが撮影される
Twitter/Mark

以前、オーストラリアのシドニーで行われた、アマチュアのサッカーの試合で、珍しいオウンゴールの場面が撮影された。

 

シドニーのサッカーチームが対戦

 

その試合では、シドニー北西部のサッカーチーム、「Eastwood St Andrews AFC」と「Gladesville Ravens」とが対戦していたという。

 

この試合は決勝戦だったとみられ、しばらく2対2の膠着状態が続いていたそうだ。

 

しかしやがて「Gladesville Ravens」の選手が反則を取られ、「Eastwood St Andrews AFC」がゴール前でペナルティキックを行った。

 

すると信じられない、オウンゴールが生まれることに。

 

Twitter/Mark

ディフェンダーがオウンゴール

 

「Eastwood St Andrews AFC」が蹴ったボールは、キーパーに止められてしまう。そしてこぼれたボールをはじき出そうと、「Gladesville Ravens」のディフェンダーが突進。

 

Twitter/Mark
Twitter/Mark

 

しかしなぜか、そのディフェンダーはボールをチームのゴールに向かって蹴り、オウンゴールをしてしまった。その様子がこちら。

 

 

この結果、試合は最終的に、3対2で「Eastwood St Andrews AFC」が勝利したという。

 

動画は少し前に撮影されたもののようだが、再びユーザーらによりツイッターにアップロードされ注目を集めているそうだ。

 

また動画を見た人の中には「最悪のオウンゴール」だとして、笑いすぎて涙をこぼす人もいるとか。

 

ディフェンダーの人にしてみると悔しいだろうが、確かに珍しいゴールと言えるだろう。(了)

 

出典元:MailOnline:‘That’s the worst I’ve ever seen’: Outrageous own goal at Sydney soccer tournament leaves viewers in tears as it goes viral online(8/24)

Return Top