Switch news




「操縦席のスクリーンが消えました!」パイロットのアナウンスに乗客もびっくり

「操縦席のスクリーンが消えました!」パイロットのアナウンスに乗客もびっくり
flickrIn_SapphoWeTrust

アメリカで機内のコックピットにあるスクリーンが反応しなくなり、旅客機が緊急着陸する事態となった。

 

テキサス州へ向かう途中にトラブル

 

その旅客機とは、ユナイテッド航空の4390便だ。

 

この便は先週の火曜日、テネシー州の街、Knoxvilleにある空港から、テキサス州のヒューストンに向けて飛び立ったという。

 

しかし飛行中に、機械的なトラブルが発生。パイロットが乗客に向け、「コックピットの2つのスクリーンが機能しなくなりました」とアナウンスしたそうだ。

 

「スクリーンの背後が熱くなっている」

 

このアナウンスに乗客らはびっくり。ツイッターユーザーのRodney D. Gilesさんは、パイロットのアナウンスを動画で録音して投稿した。

 

さらにパイロットは「このまま飛行を続ければ、私たちは全てを失います。というのも(機械の)冷却が十分ではないからです。スクリーンの背後が、恐ろしく熱くなっています」と述べたとか。

 

このため旅客機は途中にある、テキサス州ダラスのFort Worth国際空港へ緊急着陸したという。

 

機体は安全に着陸し、その後乗客らは他の便を予約し、再びヒューストンへ向かったと見られている。

 

それにしても「スクリーンが消える」とは、確かに聞いた乗客は本当に恐ろしかったに違いない。(了)

 

 

出典元:ABC News:United Airlines flight diverted to Texas airport after cockpit screens went blank(4/5)

出典元:FOX NEWS:‘Flying blind’: United Express flight diverts to Houston when pair of cockpit screens go blank(4/6)

Return Top