Switch news

知っておきたい世界のニュース

あれ、痩せた?スリムになった金正恩氏が公の場に姿を現す

あれ、痩せた?スリムになった金正恩氏が公の場に姿を現す
Twitter/Colin Zwirko

北朝鮮の金正恩氏が、公の場に姿を現し、以前に比べて痩せている様子が確認された。

 

党の会合に出席する姿

 

金正恩氏は先々週末、党の政治局会議に出席し、この1カ月間で初めて公の場に姿を現した。

 

その際の動画が公開されているのだが、そこには以前に比べて、明らかに痩せた姿が映っていた。

 

また韓国のウェブサイトが公開した写真でも、金氏の時計のベルトが明らかに余っており、手首も2020年11月に比べて細くなったことが示された。

 

ヘビースモーカーで体重は140kgか

 

金氏はヘビースモーカーとされ、韓国の情報機関によれば、体重が140kgで、2011年に権力を掌握してからは、1年で平均6kgから7kgずつ体重が増えてきたという。

 

このため専門家の間では、金氏が健康状態に悩まされているのではないか、と囁かれてきたとか。

 

また2014年には約6週間も公に姿を見せず、再び現れた時には杖をついて歩いていたそうだ。その後、韓国の情報機関は金氏が、足首の嚢胞(袋状になった分泌物)を除去する手術を受けたとの見方を示した。

 

さらに2020年の春には、3週間も人前に出ておらず、その際にも心臓の手術を受けた後に、深刻な症状に陥ったのではないかと囁かれ、死亡説まで出てきたという。

 

今回、金氏の外見の変化が病気のせいなのか、それとも意識的に体重を減らしたのかは明らかにされていない。

 

ただある専門家(分析官)は、金氏が国内での地位向上のために減量を決意したのではないか、とNK Newsに語っているという。(了)

 

出典元:The Guardian:Kim Jong-un: apparent weight loss prompts speculation over North Korean leader’s health(6/9)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top