Switch news

インド空軍の攻撃機が離陸直後にバードストライクに直面、その後思わぬ展開に

インド空軍の攻撃機が離陸直後にバードストライクに直面、その後思わぬ展開に
Facebook/Indian Air Force

インドで攻撃機が鳥の群れに突入したことで、思わぬ事態が引き起こされた。

 

爆弾の投下演習を行うため離陸

 

その事故が起きたのは6月27日(NDTV)、場所はインド北部ハリヤナ州の街、アンバラにある空軍基地とされている。

 

当時、「ジャギュア(ジャガー)」と呼ばれる攻撃機が爆弾の投下演習のために、滑走路を離陸したが、その直後にバードストライクに遭遇したという。

 

これによりエンジンは故障。攻撃機のパイロットは安全に着陸するため、搭載していた演習用の爆弾と2つの燃料タンクを切り離し、投下したそうだ。その時の映像がこちら。

 

On the morning of 27 June19 an Indian Air Force Jaguar aircraft loaded with two additional fuel drop tanks and Carrier Bomb Light Stores (CBLS) pods took off from Air Force Station Ambala for a training mission. Immediately after take off the aircraft encountered a flock of birds.The bird hit resulted in the failure of one of its engines. Despite one of the most serious emergencies staring in his face, the young pilot assessed the situation in a matter of seconds, jettisoned the two additional fuel drop tanks as well as CBLS Pods as per Standard Operating Procedure and went on to safely land the aircraft. His actions bear testimony to the highest professional standards of the IAF resulting from extensive operational training. The professionalism and quick thinking by the pilot not only saved a war waging asset but also the lives of the many civilians residing in the area adnoining the airfield.

Indian Air Forceさんの投稿 2019年6月28日金曜日

燃料タンクが住宅街に落下

 

この時、ほとんどの爆弾や燃料タンクは空軍基地の敷地内に落下したが、燃料タンクの1つは付近にある住宅街に落ちたという。

 

しかし現在のところ、この燃料タンクの落下によりケガ人などは出ていない。

 

またこの時パイロットは状況を正確に捉えており、燃料タンクなどの切り離しは非常時における適切な手続きだったと考えられている。

 

これによりパイロットは片方しか機能していないエンジンを使い、その後安全に着陸できたという。

 

確かに爆弾を搭載した攻撃機が制御不能に陥り、住宅街に墜落するという最悪の事態に陥らなかったのは、不幸中の幸いだったのかもしれない。(了)

 

 

 

出典元:NDTV:Air Force Jet, Hit By Bird, Jettisons Fuel Tanks, Lands Safely In Ambala(6/27)

出典元:MailOnline:Dramatic moment Indian fighter pilot causes a huge explosion after being forced to jettison fuel tanks and practice bombs when he flies into a flock of BIRDS(6/30)

Return Top