Switch news

知っておきたい世界のニュース

【黒人差別抗議運動】ボストンでコロンブス像の首が切断される

【黒人差別抗議運動】ボストンでコロンブス像の首が切断される
Twitter/Pop Crave

先日、アメリカでは探検家のクリストファー・コロンブスの像が引き倒されたが、今度は首が切断された像が見つかった。

 

バージニアで湖に捨てられる

 

6月9日、バージニア州のリッチモンドでは、黒人差別に抗議する人々により、Byrd公園にあったコロンブス像が引き倒された。

 

その像はスプレーをかけられ、やがて火を付けられ、その後近くの湖に投げ捨てられたという。

 

そして今度はマサチューセッツ州のボストンで、首が切断されたコロンブス像が見つかった。切断されたのは10日の午前12時30分頃と考えられ、通報を受けた警察が現場に急行。すでに切断された頭部は回収されたそうだ。

 

Twitter/Pop Crave

近年は人種差別主義者と評価

 

日本ではコロンブスはアメリカ大陸を発見した冒険家で、偉人として伝えられてきたが、近年アメリカでは人種差別主義者だったと考えられているという。

 

実際、コロンブスはアメリカ大陸の植民を進め、抵抗する先住民たちを多く虐殺したと言われている。

 

また今回の像の首は、2006年や2015年にも取り除かれており、赤いペイントでスプレーされ、「Black Lives Matter.」という言葉も書かれていたそうだ。

 

さらにストリーミングサービスの米HBO MAXは、映画『風と共に去りぬ』の配信を中止。ライブラリーから削除したという。

 

この判断は映画において、制作された当時の民族的、人種的偏見が描かれている点を考慮した結果だと考えられている。(了)

 

出典元:NBC:Christopher Columbus statue beheaded in Boston, one in Richmond thrown in lake(6/11)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top