Switch news

知っておきたい世界のニュース

オーストラリアで、『イカゲーム』の巨大なレプリカが出現

オーストラリアで、『イカゲーム』の巨大なレプリカが出現
Instagram/netflixanz

動画配信サービス・ネットフリックスの人気ドラマ『イカゲーム』。そこに登場するキャラクターの巨大なレプリカが作られ、オーストラリアで設置された。

 

重さ3トン、高さは4.5m

 

そのレプリカが出現したのは10月29日、場所はニューサウスウェールズ州のシドニーにある埠頭「Circular Quay」だという。

 

このレプリカの重さはなんと3トン。高さは4.5mもあるそうだ。

 

この様子は「Netflix オーストラリア& ニュージーランド」のインスタグラムに投稿されている。それがこちら。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Netflix Australia & NZ(@netflixanz)がシェアした投稿

「ムクゲの花が咲きました」の鬼役

 

ドラマで使われる声も似ていて、なんとも言えない雰囲気が出ており、人々はこのゲームに参加もできるという。

 

ドラマ『イカゲーム』は、456人の参加者が、生死を賭けて賞金を獲得しようとするストーリー。

 

ある日、お金に困っていた参加者のもとに招待状が届き、彼らはさまざまなゲームに挑むが、負ければ殺されてしまう。

 

そして今回設置されたキャラクターは、「ムクゲの花が咲きました」と呼ばれるゲームに登場するもので、ちょうど日本の「だるまさんがころんだ」のように、鬼が振り返った時に動いていた参加者は、即座に射殺されるという。

 

『イカゲーム』は9月に公開された後、欧米でも人気が広がっており、このレプリカも11月1日までここに設置されているという。(了)

 

出典元:Yahoo News:Creepy ‘Squid Game’ Doll Surveys Sydney Harbour(10/29)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top