Switch news

知っておきたい世界のニュース

豪のシドニーで人がサメに襲われ死亡、その瞬間を男性が目撃

豪のシドニーで人がサメに襲われ死亡、その瞬間を男性が目撃
flickr_Enrico Strocchi

オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の州都、シドニーの海岸で男性がサメに襲われ死亡した。

 

ウェットスーツを着た男性が犠牲に

 

その出来事が起きたのは2月16日の午後(現地時間)、場所はリトルベイ・ビーチの北側にある岬だされている。

 

付近の岩場で釣りをしていた目撃者の男性によれば、ウェットスーツを着た男性が湾を泳いでおり、やがて彼は大きなサメに水中に引きずり込まれたという。

 

男性は最初叫んでいたが、サメの攻撃は止まらず、数秒間続いたそうだ。

 

目撃者の釣り人は取材に対して「それは恐ろしかったです。震えています。私は吐き続けているんです。とても、とても動揺しています」と語った。下は襲われた場所とみられる動画。

 

スポンサーリンク

シドニーでの死亡事故は約60年ぶり

 

その後、午後4時半過ぎに4台の救急車と救助ヘリコプターがビーチの北側にある岬に到着。付近を捜索し、海中から遺体を発見したという。

 

ニューサウスウェールズ州救急部門のラッキー・プラチャン氏は、次のように述べている。

 

「残念ながら、この人は攻撃によって致命的な怪我を負っており、現場に到着したとき、救急隊員にはどうすることもできませんでした」

 

リトルベイは普段はとても静かな美しい場所で、家族連れがよく訪れる場所だとされている。

 

またシドニーのビーチでのサメによる死亡事故は、ほぼ60年ぶりとされ、1963年にミドルハーバーのシュガーローフ湾で起きた事故以来だという。

 

 

今回の事故の後、救助ヘリコプターはこの地域の上空をホバリングし続け、捜索チームは、遺体の多くを見つけようと、海流がどちらに動いているかを調べるために、水中に緑色の染料を流したそうだ。

 

またリトルベイだけでなく、マラバー、マロブラなどの街にあるビーチも24時間閉鎖されたという。(了)

 

出典元:ABC.net:Swimmer suffered ‘catastrophic injuries’ during shark attack in Sydney(2/16)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top