Switch news

World News Odyssey

ピックアップ

高齢者が隣人の娘のため、14年間分のクリスマス・プレゼントを残し亡くなる

高齢者が隣人の娘のため、14年間分のクリスマス・プレゼントを残し亡くなる
Twitter/Owen Williams

亡くなった高齢者が、隣人の娘のために、今後14年分のクリスマス・プレゼントを残していったとして、注目を集めている。

 




2歳の娘を溺愛していた隣人

 

その高齢者とは、イギリスのウェールズに住んでいたKen Watsonさん(87)。

 

彼は亡くなる最後の2年間、Barryの街に住むOwen Williamsさん夫婦の近くで暮らし、彼らと親しく付き合っていたという。

 

そしてKenさんはOwenさん夫婦の娘、2歳になるCadiちゃんを「溺愛」していたそうだ。

 

しかしつい先日、Kenさんは亡くなってしまい、月曜日(17日)の夜に彼の娘、Jennyさんが、Owenさん夫婦の家を訪ねてきた。

 

16歳になるまでのプレゼントを残す

 

夫のOwenさんによれば、Jennyさんはその時、大きなビニールの袋を持っていたため、ゴミを代わりに捨てて欲しいと頼みに来たと思ったという。

 

しかしJennyさんは、「これは全部、父がCadiちゃんのためにしまっていたものです。それは全て父がCadiちゃんのために買っていた、クリスマス・プレゼントなんです」と語ったそうだ。

 

つまり、それらのプレゼントは今後14年間、Cadiちゃんが16歳になるまで贈り続けるために購入されたものだった。

 

 

Owenさんはそれらを受け取り、さっそく妻に報告。妻のCarolineさんはアイルランドにいる母親にFaceTime(ビデオ通話)で連絡し、そのうち皆が涙を浮かべたという。

 

プレゼントにはいくつかの本があり、3つか4つほどビニール製のおもちゃ、そしてデュプロ(幼児向けのレゴブロック)も含まれているかもしれないとか。

 

Owenさんは「うまく伝えるのが難しいです、あまりにも予期していないことだったからです。どのくらい彼がとって置いたのか分かりません。2年以上も前からなのか、それとも命が終わる前に買ったのか」と語っている。

 

 

Kenさんは以前、民間の深海潜水士として働いていたが、2012年2月に妻に先立たれ、孫もおらず、1人で暮らしてきたという。そして近所の人には、Cadiちゃんが成長するのを見届けるため、100歳まで生きると話していたそうだ。

 

Owenさんはそんな彼について、「本当に、真の人格者だった」と述べている。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Widowed neighbour leaves amazing secret behind when he dies aged 87 – 14 Christmas presents for two-year-old girl next door for every year until she turns 16(12/18)

出典元:BBC:Christmas: Dying neighbour leaves girl 14 years of presents(9/18)

Return Top