Switch news

確率は1万分の1?NYのレストランで出された牡蠣から真珠を発見

確率は1万分の1?NYのレストランで出された牡蠣から真珠を発見
flickr_NuCastiel

ニューヨークのレストランで出された牡蠣に、真珠が含まれていたとして、注目を集めている。

 

ディナーを食べている時に真珠を発見

 

その真珠を見つけたのはニュージャージー州の町、Edgewaterに住む、Rick Antoshさん(66)。

 

彼は12月5日に、ニューヨークでも有名な「Grand Central Oyster Bar」でディナーをとっていたという。

 

Antoshさんが注文したのは、6つの牡蠣が入っているシチューのような料理。それを食べていた時、突然口の中で小さな物体が回転しているのを感じたそうだ。

 

Antoshさんは当初、それが自分の歯か、詰め物かと思い、少し恐ろしく感じたと語っている。

 

しかしその後、口の中の物体が豆粒サイズの真珠だと判明したという。

 

https://www.facebook.com/1NEWSONLINE/posts/1558326144300069

1万個に1個の割合?

 

そもそも真珠養殖ではアコヤガイやシロチョウガイ、アワビなどが使われるが、牡蠣の中で作られる仕組みは分かっていないそうだ。

 

メリーランド大学の生理学者であるMatthew W. Gray氏も「一説では牡蠣で真珠が作られる割合は、1万個に1個だと言われている」と述べている。

 

実際にレストランのシェフであるSandy Ingber氏も、次のように語っている。

 

「ここに28年いますけど、このようなことが起きたのを見たのは、これで2回目です。私たちは半分にした殻に載せた牡蠣を、1日に5000個も販売しているんですけどね」

 

今回、真珠を発見したAntoshさんは、もう一度お店に行って、真珠を探すつもりだと語っているという。(了)

 

 

出典元:WJLA:Chipped tooth? No! Diner finds pearl in his oyster dish(12/18)

出典元:CNN:New York diner chomps on an oyster, finds a pearl(12/18)

Return Top