Switch news

国際線長距離フライトに4カ月の乳児が搭乗。母親のとった行為に乗客から称賛の声

国際線長距離フライトに4カ月の乳児が搭乗。母親のとった行為に乗客から称賛の声

長距離の国際線フライト。旅行やビジネス等、乗客の利用目的は様々だが、狭い機内で長時間過ごすのは心身共に疲れも伴うものだ。

 

先月、韓国からアメリカに向かう飛行機に4カ月の乳児が搭乗し、その母親がとった行為が素晴らしいとして、ネット上で称賛の声が挙がっている。

 

一人の乗客から思わぬプレゼントが

 

Dave Coronaさんは先月、韓国のソウルから米国・サンフランシスコ行きの飛行機に搭乗した。

 

そこで乗客の一人からギフト袋を手渡されたのだという。

 

その中にはメッセージカードも入っており、そこにはこう書かれていた。

 

こんにちは、僕の名前はJunwoo、4カ月の赤ん坊です。

今日はママとおばあちゃんと一緒に、アメリカにいるおばちゃんに会いに行くんだ。

実は僕、少し緊張して、怖いんだ。だって生まれて初めてのフライトだからね。

だから僕、泣くかもしれないし、うるさくするかもしれない。

おとなしくするよう頑張るけど、できないかもしれない。ごめんなさい。

だからママが皆にプレゼントを用意したよ!

中にはキャンディーと耳栓が入っているから、僕がうるさくした時に使ってね。

旅を楽しんでね、ありがとう!

 

Facebook / Dave Corona

 

Coronaさんは、その時にプレゼントされたギフト袋を自身のFBに投稿した。

 

On a Ten hour flight from Seoul Korea to San Francisco, a mother handed out more than 200 goodie bags filled with candy…

Dave Coronaさんの投稿 2019年2月12日火曜日

Facebook / Dave Corona
Facebook / Dave Corona

200名以上の乗客へのギフトを準備した母親

 

乳児の母親は、200個以上のギフト袋を用意し、一人ずつ乗客に配ったそうだ。

 

Facebook / Dave Corona

 

乳児を連れての外出は、経験したことがある人なら分かると思うが、想像以上に大変だ。

 

機嫌がいつ変わるか分からない子供を相手に、ぐずり始めた際に気をそらす玩具や食べ物を準備するので、手荷物はいつも一杯。

 

そんなたくさんの荷物を片手に持ちながら、子供にせがまれもう一方の手で抱っこ、ということもよくある。乳児との外出は体力勝負である。

 

しかし、子供が泣き始めた時、一番気になるのは周囲からの視線だという。

 

公共の場には様々な人々がおり、赤ん坊の泣き声を快く思わない人もいる。そういう人たちに不快感を与えないよう、必死であやすのだ。

 

Junwoo君の母親は、自身の子供が飛行機に搭乗した際に起こり得る状況を読み、先手を打ったのだろう。

 

母親の行為に称賛の声

 

Coronaさんがフライトの様子をFBに投稿すると、母親に対して称賛の声が挙がった。

 

「彼女はなんて素晴らしいの!」

「信じられない!なんて美しい行為なの!」

「品位のある人もいれば、権利意識の強い人もいるからね。とても良い行為だ」

また、母親のとった行為は良いとするものの、そこまでする必要はない、という声もあった。

 

子供を連れて搭乗したからといって、親が謝る必要はないわ

彼女がとった行為は良かったけれども、もっと人々が理解すべきなんじゃないかな。搭乗した子供やその親が『歓迎されていない』と感じさせないようにしないと。私たちだって皆、赤ちゃんだった時があるんだから

 

実際、フライトでのJunwoo君がどんな状態だったのかは明らかではないが、もし泣いてしまったとしても、周りの乗客から温かい目で見守られたことは間違いないだろう。(了)

 

 

出典元:NEXT SHARK:Rockstar Korean Mom Gives 200 ‘Crying Baby’ Goodie Bags to Passengers During 10-Hour Flight to SF (2/25)

出典元:World of Buzz:Mother Gives Out 200 Goodie Bags to Flight Passengers in Case Her Baby Starts Crying (2/26)

Return Top