Switch news

知っておきたい世界のニュース

米女性レポーターの喉にガンを発見、きっかけは視聴者からの指摘だった

米女性レポーターの喉にガンを発見、きっかけは視聴者からの指摘だった
Twitter/victoria price

アメリカで、テレビのレポーターが視聴者から指摘され、その後ガンを発見できたとして注目を集めている。

 

Eメールで視聴者が指摘

 

そのリポーターの女性とは、フロリダ州タンパにある地方局「WFLA」のNews Channel 8で仕事をしているVictoria Priceさんだ。

 

彼女は7月24日にツイッターに投稿し、診断の結果、甲状腺にガンが見つかったことを報告した。しかもガンの発見のきっかけになったのは、視聴者からのメールだったという。

 

あるニュースでレポートしているPriceさんを見た視聴者が、彼女の首にある腫れ物を見つけ、それを心配しているとEメールで送ってきたそうだ。

 

その後、Priceさんは検査を受け、7月23日に首にあった腫れ物がガンであると診断された。

 

「甲状腺を検査してみて」

 

Priceさんはツイートに、自分の写真と視聴者からのメールを投稿。そのメールには次のように書かれていた。

 

「Hi、あなたのニュース・リポートを見ました。私が懸念しているのは、あなたの首にある腫れ物です。どうかあなたの甲状腺をチェックしてみてください。私の首にあったものは、ガンだと分かりました。どうかお体を大切に」

 

またPriceさんはツイートの中で、幸運なことに化学療法は必要なく、来週の月曜日には腫瘍を取り除くため手術を行うと報告した。

 

また医者からも「治療プランには自信を持っている」と言われたと説明。さらに彼女は「医師はガンが広がって(転移して)いると言っているものの、あまり多くはありません、最初で最後の手術になると希望しています」とコメントしている。

 

その上でPriceさんは、このことを指摘してくれた視聴者に感謝の言葉を述べている。(了)

 

 

出典元:NYPost:Eagle-eyed viewer spots local news reporter’s cancer on air(7/24)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top