Switch news

知っておきたい世界のニュース

転倒した盲目のランナーに、ライバル選手が勝負を捨て、ゴールまで伴走する

転倒した盲目のランナーに、ライバル選手が勝負を捨て、ゴールまで伴走する
Facebook/Cazenovia Central School District

米国ニューヨーク州で開催された陸上競技会のクロスカントリーレースで、転倒した盲目の選手を助けるためにライバルチームの選手が勝負を捨て、ゴールまで伴走するという心温まる出来事があった。

 

数々の高校が競う大規模な競技会で

 

10月13日、ニューヨーク州の高校陸上部が一堂に会する競技大会「Auburn Invitational」が開催された。

 

今年、クロスカントリーの種目には盲目の選手が出場していた。Fairport高校のLuke Fortnerさんだ。盲目の選手にはガイドとなる伴走者がつく。

 

Cazenovia Central School Districtさんの投稿 2018年10月15日月曜日

 

この競技会は、各高校から実力で選ばれた代表選手が出場するもの。その中に入っているFortnerさんは、もちろん上位入賞を目指していた。

 

あと200メートルの地点で

 

ところが、ゴールまであと200メートルという地点で、Fortnerさんは不運に見舞われた。

 

そこは丘の上り坂。前日に降った雨のせいで、草の上は滑りやすくなり、地面はぬかるんでいた。それを予期していなかったFortnerさんは転倒し、身をかばう暇もなく、仰向けに倒れたまましばらく動けなかったという。

 

手を貸したライバル校の選手

 

ガイド役の伴走者は、Fortnerさんの片腕を取って助けようとした。すると、別の選手がやって来て、Fortnerさんのもう一方の腕を支えた。

 

その選手は、少し前にFortnerさんが追い抜いたJake Tobinさんだった。ライバル校であるCazenovia高校のチームの一人だ。

 

Tobinさんにしてみれば、抜き返して順位を上げるチャンスだったろう。だが彼はそうしなかった。

 

Tobinさんはその後もFortnerさんと一緒に走り、共にゴールした。

 

Cazenovia Central School Districtさんの投稿 2018年10月15日月曜日

 

優しさとスポーツマンシップ

 

この出来事について、海外メディアの取材を受けたCazenovia高校クロスカントリー代表チームのコーチはこう言っている。

 

Jake(Tobinさん)は膝をついて、ガイドと一緒に彼(Fortnerさん)を引き上げ、丘を登るのを助けました。

見ていて気持ちが揺さぶられました。この場面は今後も忘れられないでしょう。真のスポーツマンシップとはこういうことだと思います。

 

FortnerさんのコーチもTobinさんを称賛している。

 

Jake(Tobinさん)の行動は、素晴らしい優しさとスポーツマンシップの表れです。表彰に値するものです!

(了)

 

出典元:Syracuse.com:Cazenovia runner forgets about winning to stop, help legally blind runner who fell(10/17)

出典元:Western Journal:After Legally Blind Runner Falls, Opponent Sacrifices Race To Help Him Finish(10/17)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top