Switch news

知っておきたい世界のニュース

米企業が世界最小のゲーム機を開発、大きさは親指ほど

米企業が世界最小のゲーム機を開発、大きさは親指ほど
Kickstarter

アメリカの企業が、世界で最も小さいと主張するゲーム機のプロトタイプを開発し、資金調達を行っている。

 

任天堂「ゲームボーイミクロ」より小さい

 

その企業とは、オハイオ州のの町、アクロンを拠点にしている「TinyCircuits」。

 

これまで最も小さいとされたゲーム機は、任天堂の「ゲームボーイミクロ」。これは5cm×10.1cm×1.7cmとなっている。

 

しかし「TinyCircuits」が開発したゲーム機「Thumby」は、それより小さく、3cm×1.8cm×0.9cmになるという。

 

Kickstarter

通常のゲーム機と同じ装備

 

「Thumby」には他のゲーム機と同じように、操作ボタンがあり、音も鳴り、マイクロUSBポートもついているそうだ。

 

またゲーム機には最初から「テトリス」のようなブロックゲームや、ロールプレイングゲームなど、5つのゲームが内蔵されているとか。

 

さらにリンクケーブルを経由して、自作ゲームやマルチプレイヤーにも対応しているという。

 

Kickstarter

すでに目標額を大幅に超える

 

現在、「TinyCircuits」ではこのゲーム機の生産販売のために、「KICKSTARTER」のサイトで資金を募っている。

 

目標額は当初170万円だったが、現在すでにそれを大幅に超える、2100万円もの資金が集まっているそうだ。

 

「TinyCircuits」は小型電子機器の設計・製造を専門とするオープンソースのハードウェア企業で、これまでにも小型のデバイスを多く手がけてきたという。(了)

 

 

出典元:METRO:World’s smallest video games console is the size of your thumb and plays Tetris(10/19)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top