米でマウンテンバイクに乗った2人が野生のピューマに襲われ、1人が死亡


アメリカでマウンテンバイクに乗った2人の男性が、山の中で野生のピューマに襲われるというショッキングな事件が起きた。

 

1人死亡、1人は頭を噛まれて大ケガ

 

その事件が起きたのは5月19日、場所はワシントン州にある街、North Bendの北部の山中とされている。

 

当時、2人の男性は山の中をマウンテンバイクに乗って移動していたが、途中で野生のピューマに遭遇し、襲われたという。

 

この結果、1人が死亡、もう1人の男性は逃げ延びるも、頭を咬まれるなど大きなケガを負ったそうだ。

 

バイクで引き返し、警察に連絡

 

ヒョウは最初に1人のライダーに襲い掛かり、その後もう1人の男性に攻撃してきたとみられている。

 

その男性は、なんとかバイクで電話が繋がるエリアに引き返し、警察に連絡。その後、病院へ運ばれるも、現在は容態が安定しているという。

 

また現場に残された男性の方は、警察が駆けつけた時には遺体となって発見されたそうだ。

 

その後、ピューマは死体のそばの木の上にいるところを発見され、警官よって射殺されたと見られている。

 

死亡したケースは100年間で2件

 

もっともピューマは深い森のエリアに生息しているため、そもそも人を襲って殺すというのは非常に珍しいとか。

 

実際に州の魚類野生生物局が行った記者会見によれば、ワシントン州でピューマに襲われて死者が出た事件は過去100年間で、今回を含めて2件しかなく、死に至らないまでも襲われたケースも15件しかないという。

 

ただそれでも毎年、数百件のピューマの目撃情報が寄せられているそうだ。

 

オスのピューマは体重が120ポンド(約54kg)から200ポンド(約90kg)もあり、時速64km以上の速さで走ることも可能で、40フィート(12m)も水平にジャンプできるという。

 

そして今回襲われた2人は、そんなピューマと遭遇した後に、追いかけられたとみられている。(了)

 

 

出典元:ABC News:Cougar kills mountain biker, injures fellow rider in Washington(5/20)

出典元:CBC:Cougar kills mountain biker, injures another near Seattle(5/20)