switch

World News Odyssey

米のカルト教団に女性を勧誘していた女優、エマ・ワトソンもターゲットに

米のカルト教団に女性を勧誘していた女優、エマ・ワトソンもターゲットに

アメリカの女優が多くの女性をカルト教団に勧誘していた事件で、2016年にエマ・ワトソンさんもターゲットにされていたことが明らかにされた。

 

女性を勧誘、性行為を強要したとして逮捕

 

その女優とは、米人気ドラマ『ヤング・スーパーマン』にも出演していたAllison Mack容疑者(35)。

 

同容疑者については先週、ニューヨークを拠点にしたカルト教団「Nxivm」に多くの女性を勧誘する役目を果たしていたことが明らかになった。

 

しかもMack容疑者は、勧誘した女性に対し、教団のリーダーであるKeith Raniere受刑者との性行為を強要していたとして逮捕・起訴されたそうだ。

 

そして今回、映画『ハリーポッター・シリーズ』に出演していた女優のエマ・ワトソンさんもターゲットにし、接触を図ろうとしていたことが、雑誌「People」によって明らかとなった。

 

Emma Watsonさん(@emmawatson)がシェアした投稿

執拗に何度もコンタクトをとろうと試みる

 

「People」によればMack容疑者はツイッターを使い、何度もエマ・ワトソンさんと会話を交わそうと試みていたという。

 

実際に2016年1月には「エマ・ワトソンへ。私はあなたのような役者の仲間で、あなたが驚くような素晴らしい女性運動に関与しています。もしオープンにしてもらえれば、私はあなたとお話したいと思っています」とツイート。

 

 

またエマさんからの返事がなくても「私はユニークな人材開発と女性運動に参加しています。私はそのことについてあなたと話したいと思っています。女優の仲間として、あなたのビジョンや目指していることについて、私はとてもよく理解できます。私は2人が協力して活動できると思っています。もしお話がしたくなったら、私に知らせて」と送り、コンタクトをとろうとしていたそうだ。

 

 

さらに2016年3月にも、エマさんに自分の苦境を知ってもらいたいと嘆願。「変化を作り出せる仲間と話がしたいのです。#国際女性デー」とツイートしたという。

 

 

しかし結局、エマ・ワトソンさんはMack容疑者と連絡を取り合うことはなかったと考えられている。

 

女性らの皮膚にイニシャルの焼き印を押す

 

この教団のリーダーであるRaniere受刑者は、性行為目的の人身取引と共謀の罪で有罪となり、保釈も認められずに現在、オクラホマ州の刑務所に収監されているという。

 

そして同受刑者はグループに加わった10人から15人の女性を性奴隷にし、彼女らの皮膚に自分の名前や教団名のイニシャルの焼き印を押していたそうだ。

 

またMack容疑者は、今回の逮捕容疑については全て否認しているようだが、判決が下されれば少なくとも15年の刑が言い渡される可能性があると言われている。(了)

 

 

出典元:METRO:Allison Mack tried to ‘recruit’ Emma Watson into alleged sex cult(4/24)

出典元:The Telegraph:Allison Mack attempted to recruit Emma Watson to join New York ‘sex cult’(4/24)

Return Top