Switch news

知っておきたい世界のニュース

新型コロナの変異株に対応できる「ユニバーサル・ワクチン」、英で1年以内に開発か

新型コロナの変異株に対応できる「ユニバーサル・ワクチン」、英で1年以内に開発か
flickr_NIAID

現在、イギリスでは新型コロナウイルスの変異株にも対応できる、「ユニバーサル・ワクチン」の開発が進められようとしている。

 

ウイルスの核をターゲット

 

イギリスのノッティンガム大学の研究者と、ガンのワクチンを開発してきた会社「Scancell」はチームを組んで、現在新型コロナの「ユニバーサル・ワクチン」の開発を目指しているという。

 

このワクチンはウイルスのスパイク・タンパク質ではなく、核となる部分をターゲットにしたものになるそうだ。

 

これにより。新型コロナが変異するたびに、ワクチンを微調整し続ける必要がなくなり、あらゆる変異にも対応できると考えられている。

 

コアは変異しにくい可能性

 

オックスフォード大学とアストラゼネカのワクチンは、新型コロナのスパイク・タンパク質をターゲットにしており、その分早く作ることができるが、ウイルスがさらに変異した場合、効果が弱まる可能性があるという。

 

しかしこの「ユニバーサル・ワクチン」は新型コロナウイルスの核にあるタンパク質をターゲットにしており、それらはスパイク・タンパク質よりも変異しにくいと考えられているそうだ。

 

「Scancell」の研究者は特に、ウイルスのコアにある「ヌクレオカプシド・タンパク質」に注目しており、ワクチンが開発され、マウスの実験でも良好な結果が出れば、今年の後半から人間への臨床試験を行いたいと望んでいる。

 

Scancell

世界中で開発が進められている

 

現在、ベルギーのバイオテック「myNeo」やフランスの「Osivax」なども含めて、世界中の研究者が変異株にも対応できる「ユニバーサル・ワクチン」の開発を進めているという。

 

「Scancell」も、資金援助をしてくれるパートナーが見つかり、治験の結果も良好であれば、「ユニバーサル・ワクチン」を1年以内に開発(準備)できるだろう、と語っている。(了)

 

 

出典元:METRO:‘Universal vaccine’ that works on all Covid variants could be ready within a year(2/13)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top