Switch news

World News Odyssey

Pickup

エンジンもオールもない船で孤独に漂流!49日後に保護された18歳

エンジンもオールもない船で孤独に漂流!49日後に保護された18歳

7月中旬、インドネシアから流されてグアム近郊で保護されるまで、たった一人で49日間も生き延びた、たくましい18歳がいる。

 

いかだ状の小屋で仕事をしていた

 

Aldi Novel Adilangさんは、インドネシアのスラウェシ島で、いかだ状の小屋で生活しながら、漁の仕掛けであるライトを点灯させる仕事をしていた男性だ。

 

いかだ状の小屋は海に浮かんでいるものの、移動を目的としていないため、エンジンやオールはなかった。

 

彼の元に誰かが訪れるのは1週間に一度だけ。雇い主が送った使いが魚を回収し、定期的に食べ物や飲み物、ライトの燃料などを配達。Adilangさんは、孤独だが静かな生活を送っていた。

 

強風で小屋ごと漂流することに

 

しかし7月の中旬、彼の日常は大きく変わってしまった。

 

小屋と陸地をつないでいたロープが強風で切れ、沖に流されてしまったのだ。

 

 

大海原にいかだで投げ出された彼は、生きるために釣りをして魚を獲り、小屋の周りのフェンスを燃やして調理をしたという。

 

希望と絶望で涙を流したことも

 

大きな船を見かけるたび、「助かるかも」という希望が沸いたというAdilangさん。ただし、10隻以上の船が、彼に気づかずに通り過ぎてしまったという。

 

そのたびに彼は怖くなり、涙を流したそうだ。

 

とうとうグアム近くでパナマ籍船に保護されたのは8月31日のこと。その船もAdilangさんに気づかずに通り過ぎてしまったが、彼が懸命に呼びかけた無線に気づき、引き返してくれたという。

 

こうして49日間、125キロもの漂流生活が幕を閉じた。

 

日本経由で無事に帰国

 

健康に問題がないことを確認した後、Adilangさんはパナマ籍船の目的地である山口県から日本へ上陸。帰国の許可を取りつけたのちに、9月8日に東京を経由してインドネシアの家族のもとへと帰っていった。

 

 

在大阪インドネシア共和国総領事館は9月14日にこの出来事をFacebookに投稿。「彼の帰国を助けてくれた人々に感謝します」とコメントしている。(了)

 

 

出典元;BBC:Indonesian teenager survives 49 days adrift at sea in ‘fishing hut’(9/24)
出典元:Star:Indonesian teenager survives 49 days adrift in Guam waters with no boat, paddle and supplies(9/23)

Return Top