Switch news

World News Odyssey

Pickup

アイルランドでレイプ事件の被告が無罪に、各地で女性らが下着を手に判決に抗議

アイルランドでレイプ事件の被告が無罪に、各地で女性らが下着を手に判決に抗議
Twitter/Emma Blake

アイルランドでレイプ事件の被告が無罪になったことを受け、多くの女性がさまざまな街に出て、抗議の声を上げた。

 

レイプ事件で被告が無罪となる

 

このレイプ事件の裁判が行なわれたのは先週、場所は Cork という街にある犯罪中央裁判所とされている。

 

事件の被害者は17歳の少女で、被告である27歳の男は無罪を主張していたという。

 

裁判で争点となっていたのは性行為の同意があったのか?それを判断する上で、事件当時女性が身につけていた下着(パンティ)が問題になったそうだ。

 

その下着はレースがついたTバックだったらしく、裁判では女性に性行為の同意があったとみなされ、被告に無罪が言い渡された。

 

しかしこの判決に対し、被害者を支援する女性らがアイルランドの複数の町で抗議活動を実施。レース状の細い下着は性行為の同意の印ではないと主張し、似たような下着を掲げ抗議したという。

 

下着の種類で合意を決めることに反発

 

裁判で被告人の弁護人を務めたElizabeth O’Connell氏は、当時陪審員に向かって「あなた方は事件の夜に、女性が身につけていた下着の種類を考慮に入れるべきだ」と主張。

 

さらに判決後のインタビューでも「この証拠(下着)は女性が被告に好意を持っていた可能性を排除するものでしょうか?(略)人々は彼女が着ていたものを見なければなりません。彼女は前にレースがついたTバックの下着を身につけていたんですよ」と述べている。

 

一方、アイルランドのNational Women’s CouncilのTara Brownさんはダブリンで行われた抗議集会で、このようなレイプ事件での扱い方を裁判所は変えるべきだと主張。さらに次のように述べている。

 

「私たちはレイプの被害に遭った女性らと共に立ち上がります。彼女らは悲しいことに私たちの刑事司法システムによって訴えを退けられてきたのです。被害者が着ていた下着のタイプなんて、刑事司法システムにおいても、何が合意なのかを判断する上においても(議論する)余地はありません。私たちには、性暴力を受けた被害者のために安全なシステムを作り上げる責任があります」

 

ベルファストでも先週の木曜日には、女性らが集まり、プラカードに黒い下着を結び付け、『私の小さな黒いドレス(下着)はYES(性交渉に同意した)という意味ではない!』と叫び抗議している。

 

また裁判で被害者女性の下着を公開したことも「被害者非難」だとし、怒りの声が寄せられているという。

 

 

このような抗議はネット上でも展開され、判決を不服とした女性らが下着の写真と共に、「服装で合意はしていない」というコメントや、#ThisIsNotConsentや#EndVictimBlamingといったハッシュタグを添えて投稿しているそうだ。(了)

 

 

出典元:NYPost:Protesters storm Ireland after thong cited as sign of consent in rape case(11/16)

出典元:euronews:Protesters wave women’s underwear after Irish rape trial sparks fury(11/16)

Return Top