Switch news




中国人女性、フルーツ・ジュースを自らの体に注射し、危うく死にかける

中国人女性、フルーツ・ジュースを自らの体に注射し、危うく死にかける
AC

中国の女性が自らの体に注射をし、危うく死にそうになるという事故が起きた。

 

フルーツのジュースを自分で注射

 

その人物の名前は明らかにされていないが、湖南省郴州市の桂陽県に住む51歳の女性とされている。

 

彼女は普段から通常用いられない治療法に関心を持っており、ある日自らの健康を増進させるため、フルーツをミックスしたジュースを自分で静脈に注射したという。

 

すると皮膚が痒くなり、体温も上昇。やがて肝臓や腎臓、心臓や肺がダメージを受け、2月22日には病院に運ばれ、集中治療室で手当てを受けることに。

 

死ぬ危険があったと語る医師

 

湖南省にある湘南学院(大学)病院の医師は、その後女性患者に透析を行い、血液から有害物質を除去。また凝固剤を注射し、抗生物質も与えたという。

 

それから5日後、女性の容態は改善。集中治療室から腎臓病病棟へ移動し、その後退院したそうだ。

 

医師は女性が多臓器不全に陥り、敗血症によって死ぬ危険があったと語っている。

 

また女性はその後、メディアの取材に対して次のように語ったそうだ。

 

「私は新鮮なフルーツはとても栄養があると思っていました。だから、それを体に注射しても、害にはならないと思っていたんです。このようなトラブルに巻き込まれるなんて、思ってもいませんでした」

 

この出来事は中国のネットユーザーの間でも広がり、1万1000人以上が「#OldWomanPutsJuiceIntoVeins」というハッシュタグとともにシェアしたという。(了)

 

 

出典元:INDEPENDENT:Woman almost dies after injecting herself with fruit juice(3/19)

出典元:BBC:Woman in China nearly dies after injecting herself with fruit juice(3/19)

Return Top