Switch news




インド東部に強烈なサイクロンが上陸、巨大なクレーンが倒壊し建物を押し潰す

インド東部に強烈なサイクロンが上陸、巨大なクレーンが倒壊し建物を押し潰す
Twitter/DeshGujarat

インド東部を襲ったサイクロンにより、街に大きな被害をもたらす映像が撮影された。

 

建物20階相当のクレーンが倒壊

 

サイクロン「ファニ」は5月3日に、インド東部のオディシャ州を直撃。土砂崩れや洪水など、大きな被害をもたらした。

 

そしてオディシャ州の中心都市、Bhubaneswarでは建設用の巨大クレーンが強風で倒される様子が撮影された。

 

このクレーンは建物20階分以上の高さがあると考えられており、風にあおられてゆっくりと傾くと、やがて下にある住居を直撃した。

 

低地に住む120万人が避難

 

このクレーンの倒壊で、死者やケガ人が出たのかは分かっていない。ただサイクロンの影響で現在までにオディシャ州では、7人が犠牲になったそうだ。

 

また同州では5月3日にも、土砂崩れが発生。またSNS上には、街が洪水に見舞われる様子も投稿された。

 

サイクロン「ファニ」は、近年インドを襲ったサイクロンの中でも最も強力なものの1つとされている。

 

CNNによれば「ファニ」は「カテゴリー4」のハリケーンに相当する勢力で、最大風速は約67メートルに達したという。

 

この影響で、少なくとも143本の電車が運休。サイクロンの目が内陸部に上陸した時には、Bhubaneswarからのフライトも中止になったそうだ。

 

また西ベンガルにあるコルカタ空港も閉鎖され、オディシャ州の低地に住む120万人が避難を余儀なくされたという。(了)

 

 

出典元:INDEPENDENT:Cyclone Fani: Crane falls on top of houses as storm batters Odisha(5/3)

出典元:CNN:インド東部にサイクロン上陸、7人死亡 強風と豪雨で100万人避難(5/4)

Return Top