Switch news

知っておきたい世界のニュース

VR空間に3次元の絵を描く女性アーティストが斬新

VR空間に3次元の絵を描く女性アーティストが斬新
Instagram/annadreambrush

伝統的な絵画の技法を、最先端テクノロジーと組み合わせて、まったく新しいタイプの芸術を生み出しているアーティストがいる。

 

フランスのマルセイユを拠点として活動しているAnna Zhilyaevaさんだ。

 

仮想現実空間に描く立体の絵

 

コンピューターによって作られるバーチャル・リアリティ(VR/仮想現実)の世界。Zhilyaevaさんは、その中でのみ存在する絵画を制作している。VRゴーグルを装着し、仮想空間に描画するためのソフトウエア(Tilt-brush、Masterpiece、Anim VRなど)を使って、まるで油絵を描くようにストロークして行くのだ。

 

仮想空間での絵画制作では、現実にありえないことが2つ可能になる。絵画といえば一般的に平面上に描かれるものだが、仮想空間では3次元空間に描けるようになる。なので、絵は立体になり、描いた物を持ち上げたり回転させたりもできるのだ。これが1つめ。

 

もう1つは、コンピューターのメモリが許す限りどこまでも描き続けることができる点。つまり、作品の大きさに制限がない。

 

Zhilyaevaさんのインスタグラムに、制作中の動画が投稿されている。見ると不思議な気持ちになる。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anna Zhilyaeva(@annadreambrush)がシェアした投稿

VRペインティングの先駆者

 

彼女は、フランスのルーヴル美術館をはじめ、世界各地のイベントで制作パフォーマンスを披露している。アート系メディアによれば、「バーチャル・リアリティ・ペインティングの先駆者」として、その筋では有名だとのこと。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anna Zhilyaeva(@annadreambrush)がシェアした投稿

 

若いうちに絵画の基礎技術を身につけたZhilyaevaさんは、アニメーターや肖像画家、ゲームデザイナー、フリーのイラストレーターといった職を転々としている。その間に得たテクノロジーに関する知識があったおかげで、VRを利用することに抵抗がなかったそうだ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anna Zhilyaeva(@annadreambrush)がシェアした投稿

 

彼女は、VR空間に描く絵画を、「ボリューミズム(Volumism)」の作品と呼ぶ。Volumismの日本語訳はまだないが、「容量主義」とでも訳せるだろうか。こう名付けた理由は、生み出す量に制約がなく重力の法則にも縛られないからだそう。(了)

 

出典元:Odditycentral:Pioneering Artist Paints in Virtual Reality and Her Works Are Beyond Impressive(3/26)

出典元:makersplace:Beyond Painting: Exploring Volumism with Anna Zhilyaeva(1/12)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top