Switch news




“警察が来た!”ブラジルで麻薬の突入捜査、しかし逮捕されたのはなぜかオウム?

“警察が来た!”ブラジルで麻薬の突入捜査、しかし逮捕されたのはなぜかオウム?
Twitter / NewWestCity

ブラジルで警察による麻薬取締のための突入捜査が行われるも、“オウム”が逮捕・勾留され、話題となっている。

 

警察の姿を見るやいなや“ママ、警察だ!”

 

事が起きたのは先月22日、ブラジル南部のピアウイ州のVila Irmã Dulce。

 

この日ブラジル警察は麻薬取締の突入捜査を行うため、同地を訪れていた。

 

ところが犯人が潜伏しているとみられていた家を訪れると、その中には一羽のオウムの姿が。

 

さらに警察の姿を見たオウムは、ポルトガル語で「ママ、警察だ!」と叫び出したという。

 

オウムはその場で警察により“逮捕”された。

 

オウムの努力もむなしく主人は逮捕…

 

この捜査に参加した警察官の一人は、オウムが突入捜査のため訓練されていたと指摘する。

 

「警察が近付くや否や、彼は叫び出した」

 

ただオウムの努力もむなしく、“ママ”と呼ばれていた男と10代の少女が捜査によって逮捕されている。

 

警察に対し“黙秘”貫くオウム

 

一方、突入捜査から一夜明けた23日にオウムと“面会”したブラジル人ジャーナリストによると、オウムは逮捕された容疑者らに対して“非常に従順”な様子を見せているとのこと。

 

「現在までのところオウムは何の音も発していません…完全に沈黙を保っています」としている。

 

さらに地元で獣医を務めるAlexandre Clark氏も、オウムの様子について「多くの警察官がやって来たが、彼は何も言っていない」としている。

 

動物が見張り役を務めた事例は他にも

 

一方、オウムが麻薬捜査において容疑者側に協力した事例はこれだけではない。

 

2010年にはコロンビアで“Lorenzo”と名付けられたオウムが、近づいてくる警察を見て「走れ!走れ!」とリピート。

 

Lorenzoはこれにより警察から“逮捕”されているが、コロンビアでは警察が近付いていることを知らせるために押収された鳥の数は1700羽にも上るという。

 

さらにこのような捜査の際には、ワニや蛇といった動物が押収されることもあったという。

 

警察の姿が近づくや否や、主人に身の危険を知らせたオウム。それだけの従順さと賢さを備えていれば、他のことにその能力を活かすことが出来そうなだけにもったいない。(了)

 

 

出典:Washington Post:‘Mama, police!’: A parrot tipped off drug dealers to a raid, authorities say. Now he’s in custody.(4/25)

出典:The Guardian:Police seize ‘super obedient’ lookout parrot trained by Brazilian drug dealers (4/24)

Return Top