Switch news

女性の月経をテーマにしたカクテルはどうなのか?

女性の月経をテーマにしたカクテルはどうなのか?
Facebook/Yuzu

米国オハイオ州のバーが今月から提供を始めるというカクテルに、賛否の声が上がっている。

 

「Even Can’t Literally」と名付けられたそのカクテルは、女性の生理、ズバリ言えば「月経」がテーマになっている。

 

タンポン・アプリケーター入り

 

オハイオ州レイクウッド市にあるバー「YUZU」が、5月3日にFacebookで紹介した新作カクテルは、ベリー・マルガリータをアレンジしたもの。

 

普通のマルガリータはテキーラ、ホワイトキュラソー、ライムジュースを混ぜて作るが、この新作「Even Can’t Literally」は、さらに血の色のラズベリーが加えられており、ガーニッシュ(飾り付け)としてタンポンのアプリケーターが添えられている。

 

https://www.facebook.com/yuzulakewood/photos/a.1004614269588576/2118006028249389/?type=3&theater

 

考案したYUZUの女性バーテンダー・Sarah Kruegerさんによれば、女性の健康に対する意識を高めるのが目的だそう。人々を不快にさせるために作ったのではない、と海外メディアに話している。

 

このカクテル1杯の代金のうち1ドルは、家庭内暴力の被害者女性を援助する地元団体に寄付される。タンポンの寄付もできるそうだ。Kruegerさんはこう言う。

 

もしカクテルの中にタンポン(アプリケーター)を入れたくないなら、そのタンポンも寄付できるようになっています。注文する時に「タンポンは寄付する。ドリンクだけでいい」と言ってくれれば、店から1ドルとタンポンを女性のシェルターに送ります。

眉をひそめるFacebookユーザーたち

 

この生々しいカクテルに、米国の人々はどう反応しているのだろう?

 

テレビ局が意見を聞いたバーの客たちは、特に問題なく受け入れているようだ。ある男性客はこう言っている。

 

全然気にならないね。別にこれ1つで、僕の1日が台無しになるわけじゃないし。

 

別の女性客はこう言う。

 

このカクテルに気分を害される人がいることは分かるわ。でも、私は個人的には、不快に感じることはない。

 

ところが、YUZUのFacebookには、反感を抱いたユーザーの声が集まっている。例えばこんな意見が上がっている。

 

吐き気がする。今のボーイフレンドと知り合ったのがこの店だったから、同じ店で交際1周年のお祝いをしたかったけど、これだもの、店が潰れてくれることを祈るばかりだわ。

バー「YUZU」に大きな拍手! こんなカクテルを本当に作るとは思わなかった。けれど、女性のためと言いながら、この店は女性の身体的機能を蔑んで馬鹿にしているよ。

 

バーのオーナーであるDave Bumbaさんによれば、このカクテルを市の保健所に通報した人もいたそうだ。

 

だが、カクテルがSNSで炎上することで注文が増え、「女性シェルターへの寄付や注目が増えるならそれでいい」とも語っている。(了)

 

 

出典元:abc7:Menstrual-themed cocktail causing controversy at Ohio bar(5/6)

出典元:Fox8:Menstrual themed cocktail created for fundraiser causing controversy at Lakewood bar(5/3)

Return Top