Switch news

知っておきたい世界のニュース

リモート会議で再びハプニング、米下院議員が逆さまの顔で話し続けてしまう

リモート会議で再びハプニング、米下院議員が逆さまの顔で話し続けてしまう
Twitter/Amichai Stein

アメリカの議会において、リモートで委員会に出席した下院議員の顔が逆さまに表示される、というハプニングが起きた。

 

逆さまの顔が画面に映し出される

 

その下院議員とは、ミネソタ州選出の共和党員であるTom Emmer氏だ。

 

彼は先日、下院議会の「金融サービス委員会」にリモートで出席。しかし画面に映し出された彼の顔は、なんと逆さまになっていた。

 

それでもEmmer下院議員は次のように続けたという。

 

「前回の不況から生まれた今日のギグ・エコノミーは、それを望む人に仕事を提供します。Covid-19の間、私たちは、国の個人事業主と最小の中小企業が、タイムリーに(資金を)確実に受け取れるようにする必要があります…」

 

「直し方が分からないのです…」

 

その後、民主党の女性委員長であるMaxine Waters氏は、「(話を)止めてもらえませんか?ごめんなさい。Emmerさん、あなた大丈夫ですか」と発言。また他の委員も「Tom、あなたは逆さまよ」と指摘したそうだ。

 

これに対し、Emmer下院議員は「直し方がわからないのです。ご辛抱いただき感謝いたします、委員長。私にも何が起きたのか分からないのです。ただこんな風に(画面に)出てしまったのです。スイッチを消して、また再びつけたりしたのですが…」

 

やがてこの問題はすぐに解決したが、委員会のヒアリングに参加していた人が、この様子をネットに投稿。たちまち拡散されることに。

 

そして話題になった後、Emmer下院議員もジョークで自らの逆さまになった顔を投稿。先日猫の顔になった弁護士になぞらえ、「私は猫ではありません」とコメントした。(了)

 

 

出典元:CNN:‘You’re upside down, Tom’: Congressman appears upside-down on video during hearing(2/11)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top