Switch news

ロシア上空に不気味なキノコ雲、爆弾製造工場が爆発し人々がパニックに【動画】

ロシア上空に不気味なキノコ雲、爆弾製造工場が爆発し人々がパニックに【動画】

ロシアで軍関連施設の工場が爆発し、街に巨大なキノコ雲が上がり、多くの被害を出したのをご存じだろうか。

 

複数の人々により動画が撮影される

 

モスクワの東、Dzerzhinsk市内にあるその施設は、ロシア軍の爆弾を製造している「Kristallプラント」と呼ばれている工場だ。

 

6月1日昼頃(現地時間)、その施設で複数回の爆発が起き、市内の上空にはキノコ雲が立ち昇った。

 

また爆発による衝撃波のため、店の窓ガラスが割れ、車の警告音も鳴り始め、人々が一時パニックに陥ったそうだ。

 

また当局の話によれば、この事故により79名が負傷、周囲にあった180のビルや建物の窓が破壊されたという。

 

当時の爆発の様子は複数の市民によって撮影されており、その後SNSにも投稿されている。

 

ケガ人のうち半数以上は住民

 

その爆弾製造工場は「FAB-500」という空から投下する高性能爆弾を作っており、その重さは500kgにも及ぶと言われている。

 

また爆発後は市内にも煙が立ち込めたため、当局は人々にパニックにならないよう警告。さらに今後も爆発する可能性はあるものの、汚染物質については心配いらないと伝えた。

 

施設のスポークスマンによれば、最初に施設内の建物の1つで火事が起き、やがてそれが爆発につながったという。

 

今回、ケガをした人のうち38人は爆発が起きた時、工場にいた作業員などで、41人は工場の外にいた住民だったそうだ。

 

ケガをした住民の多くは割れたガラスなどで負傷、作業員も含め病院へ搬送された15人のうち、1人の女性が重傷を負ったと言われている。

 

また当初は2名が行方不明になったと伝えられたが、その後この情報はまだ確認されていないと訂正された。(了)

 

 

出典元:Mirror:Panic in Russia as Chernobyl-like explosions mushroom from military bomb plant(6/1)

出典元:REUTERS:Scores injured in blasts at Russian military plant(6/1)

Return Top