Switch news

F3のレース中に大事故が発生、マシーンが宙を舞う

F3のレース中に大事故が発生、マシーンが宙を舞う
Twitter/Formula 3

「フォーミュラ3」のレース中に大規模な事故が発生し、その様子が公開されている。

 

ドライバーに大きなケガは無し

 

そのレースが行われたのは9月7日、場所はイタリア・ミラノの近くにあるMonzaサーキットとされている。

 

レース中、オーストラリア(タスマニア・ホバート出身)のドライバー、Alex Peroni選手(19)が乗ったマシンが縁石に乗り上げ、宙を舞った。

 

そして3回近く回転し、フェンスにぶつかり、ひっくり返った状態でタイヤバリアに落下したが、幸いPeroni選手は大きなケガを負わなかったという。

 

事故後、Peroni選手はコース係員や医療スタッフに付き添われ、歩いて事故現場を去り、他のマシンも巻き込まれることはなかったそうだ。

 

縁石は撤去される予定

 

事故当時、Peroni選手が乗ったマシンがどのくらいの速度を出していたのかは、分かっていない。

 

ただF3の場合、平均のトップスピードは167マイル(時速269km)に達するとも言われている。

 

彼が乗り上げた縁石は、ドライバーがコースを越えないよう設置されたようだが、その後多くのドライバーから苦情が寄せられたことから、F1レースの前に撤去される予定だという。

 

そしてこの作業やフェンスの修復のために、F1の最終練習セッションなども延期になる見通しのようだ。

 

1週間前には、F2レースでマシンがクラッシュし、ドライバーのAnthoine Hubert選手が亡くなっている。今回はドライバーがケガをせず、重大な事故にならずに幸運だったといえるだろう。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Incredible moment that Formula 3 driver hits raised kerb and spins through the air at Monza – but walks away unscathed from the horror crash amid calls to remove the dangerous ridge(9/7)

Return Top